人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、平成27年3月期第3四半期決算を発表 ― モバイルゲームが収益に貢献

ゲームビジネス その他

平成27年3月期第3四半期決算スクリーンショット
  • 平成27年3月期第3四半期決算スクリーンショット
コナミは、平成27年3月期第3四半期決算(米国基準)を発表しました。

売上高1558億8900万円(前年同期比 0.0%)、営業利益97億3400万円(前年同期比 31.7%増)、税引前四半期純利益117億1600万円(前年同期比 27.7%増)、四半期純利益は69億900万円(前年同期比 36.7%増)となりました。

デジタルエンタテインメント事業では、スマートフォンやタブレット等のスマートデバイスに配信している『実況パワフルプロ野球』や『プロ野球ドリームナイン』シリーズ、『ワールドサッカーコレクションS』、『クローズ×WORST』シリーズ、『ドラゴンコレクション』等のモバイルゲームが堅調に推移し、収益に貢献しました。海外市場向けには、映画「スター・ウォーズ」を題材にした『Star Wars: Force Collection (スター・ウォーズ フォース コレクション)』や『PES MANAGER』及び『実況倶楽部』(ともに日本名『ワールドサッカーコレクションS』)が、順調に登録者数を伸ばしています。

家庭用ゲームでは、『ウイニングイレブン』シリーズの最新作『ワールドサッカー ウイニングイレブン2015』(欧米向け『Pro Evolution Soccer 2015』)を発売。新ゲームモードの「myClub」が好評を博しました。また、『実況パワフルプロ野球2014』や、昨年3月発売の『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』のPC版ダウンロード販売も堅調に推移。アーケードゲームでは『e-AMUSEMENT Participation』タイトル等が安定稼動しました。また、小学生男児を中心に、キッズカードゲーム機『モンスター烈伝 オレカバトル』も引き続き人気を集めています。カードゲームでは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」シリーズを引き続きグローバルに展開しています。

健康サービス事業では、利用頻度に応じて選択できる料金プランや複数の施設を手軽に利用できる施設利用制度の展開を推進し、コナミスポーツクラブのサービスの拡充と浸透に努めたとのこと。カジノ事業は、北米市場では定番のビデオスロットマシン「Podium」の販売が堅調に推移。遊技機事業では、「麻雀格闘倶楽部」を発売。また、パチスロ機「戦律のストラタス」、「Dororonえん魔くん メ~ラめら」を発売し、ホールでの稼働が好調に推移しているとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  3. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  4. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  7. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  8. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る

page top