人生にゲームをプラスするメディア

“最先端技術”と“オタク文化”の2分野による、無料講座「プロジェクションマッピングを知る」開催!豪華ゲストも

ゲームビジネス 開発

“最先端技術”と“オタク文化”の2分野による、無料講座「プロジェクションマッピングを知る」開催!豪華ゲストも
  • “最先端技術”と“オタク文化”の2分野による、無料講座「プロジェクションマッピングを知る」開催!豪華ゲストも
  • 町田聡氏
  • アーロン・ホーレル氏
バンタンゲームアカデミーは、「プロジェクションマッピングを知る」をテーマにした公開講座を開催すると発表しました。

「プロジェクションマッピングを知る」は、世界の最先端技術に触れる「テクノロジーイノベーションプログラム」と、日本のオタク文化を感じる「東京アイデンティティ」の2つの分野で、著名なクリエイターや研究者などを招いて講演を行う無料の一般公開講座です。講座では、ゲームや映像などで使用される最新技術をわかりやすく学ぶことができます。

今回の「プロジェクションマッピングを知る」には、ゲストとして、一般財団法人プロジェクションマッピング協会アドバイザーの町田聡氏とDigital A.I.R. Innovation創業者のアーロン・ホーレル氏を迎える予定となっています。公開講座では、デジタルと現実の融合、および世界と日本の事例に関する講演と、プロジェクションマッピングのデモンストレーションが行われます。

◆「プロジェクションマッピングを知る」


■開催概要
・日時:2014年11月23日14:00 ~ 16:30(開場:13:40~)
・場所:バンタンゲームアカデミー東京校 (〒153-0061 東京都目黒区中目黒2-10-17)
・参加費:無料(事前予約が必要です)
・申込:PC・スマートフォン:http://bit.ly/1uVGAxX / フリーダイヤル 東京校:0120-51-0505 大阪校:0120-43-9555
・定員:20名
・HP:http://www.vantan-game.com/cdp/

■町田聡 アンビエントメディア 代表 / 一般財団法人プロジェクションマッピング協会アドバイザー / 一般財団法人最先端表現技術利用推進協会 会長
日本SGI(株)のデジタルサイネージ、コンテンツサービス担当部長を経て、2009年からはフリーランスで、デジタルサイネージの媒体開発、3D映像プロジェクト、プロジェクションマッピングプロデュースなどを手掛け、現在に至る。

■アーロン・ホーレル Digital A.I.R. Innovation創業者
アジアを中心に世界各国で、クリエイティブな広告コンテンツデザイン、ディレクション、ブランド戦略、プロジェクションマッピングを幅広く手がけている。クリエイティブコンテンツ事業に加えて、インタラクティブ広告サービスを行うためのソフトウェアプラットフォーム(digital A.I.R)を開発。

■今後の開催予定
・12月21日(日)12:00~14:00 「コスプレの奥深さ」 Cosplay.com副社長兼アジアエリアマネージャー 道齋Jacky忠明氏


(C) 2014 Vantan Game Academy All rights reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

    稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  3. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

    【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  4. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  5. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  6. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  7. フロム・ソフトウェア1DAYインターンシップに潜入!最前線のデザイナーが学生にアドバイス

  8. 【ゲーム×法律】ゲームクリエイターが円満に独立するためには?

  9. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る