人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂社長、次世代ハードはWii Uに開発者が満足できなくなってから

任天堂 Wii U

「新ハードを出した直後から、次の研究は始まる」と任天堂は常々コメントしていますが、先日、米国子会社・任天堂テクノロジーデベロップメントが掲載した求人には次のゲーム機を強く示唆する内容が記載され、注目を集めました。

配属先は、ワシントン州レドモンドにある任天堂テクノロジーデベロップメントのシステム・オン・チップ(SoC)のアーキテクトグループ。同グループはゲーム機のSoCなどのアーキテクチャーを担当するグループで、外部ベンダー等と協業し現在出回っているソリューションの評価、パフォーマンスの検証、GPUの市場動向に基づく将来のハードウェアに向けた導入戦略の立案、グローバルの任天堂の中でグラフィック・アーキテクチャ・エヴァンジェリストとしての活動、等が求められるとのこと。
http://www.inside-games.jp/article/2014/10/22/81756.html


Wii Uが発売されてからちょうど2年、ニンテンドー3DSが発売されてから3年半。次世代のゲーム機はどのような姿になるのでしょうか? 米国のテック系メディアRe/Codeが米国任天堂のReggie Fils-Aime社長に尋ねています。

ハードが発売された直後から私達は次を考え始めます。これは現在進行形です。しかし最終的に動くのは、今のプラットフォームがゲーム開発者にとって満足の行く環境ではなくなってからです。Wii Uはまだそこに達してはいません。今年のE3で宮本氏はWii Uの様々なイノベーションを見せました。また新しい『ゼルダの伝説』も序章を見せたに過ぎません。他にもまだまだ作っているものがあります。しかし常に次の事は考えています。


スマートフォンに代表される汎用デバイスの普及で、ゲーム専門機の将来が危ぶまれる昨今ですが、任天堂が次に何を模索しているのか興味がそそられます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  3. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

    2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  4. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  5. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  6. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  7. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  8. 今週発売の新作ゲーム『GRAVITY DAZE 2』『蒼き革命のヴァルキュリア』『ポチと! ヨッシー ウールワールド』他

  9. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  10. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

アクセスランキングをもっと見る