人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂社長、次世代ハードはWii Uに開発者が満足できなくなってから

任天堂 Wii U

「新ハードを出した直後から、次の研究は始まる」と任天堂は常々コメントしていますが、先日、米国子会社・任天堂テクノロジーデベロップメントが掲載した求人には次のゲーム機を強く示唆する内容が記載され、注目を集めました。

配属先は、ワシントン州レドモンドにある任天堂テクノロジーデベロップメントのシステム・オン・チップ(SoC)のアーキテクトグループ。同グループはゲーム機のSoCなどのアーキテクチャーを担当するグループで、外部ベンダー等と協業し現在出回っているソリューションの評価、パフォーマンスの検証、GPUの市場動向に基づく将来のハードウェアに向けた導入戦略の立案、グローバルの任天堂の中でグラフィック・アーキテクチャ・エヴァンジェリストとしての活動、等が求められるとのこと。
http://www.inside-games.jp/article/2014/10/22/81756.html


Wii Uが発売されてからちょうど2年、ニンテンドー3DSが発売されてから3年半。次世代のゲーム機はどのような姿になるのでしょうか? 米国のテック系メディアRe/Codeが米国任天堂のReggie Fils-Aime社長に尋ねています。

ハードが発売された直後から私達は次を考え始めます。これは現在進行形です。しかし最終的に動くのは、今のプラットフォームがゲーム開発者にとって満足の行く環境ではなくなってからです。Wii Uはまだそこに達してはいません。今年のE3で宮本氏はWii Uの様々なイノベーションを見せました。また新しい『ゼルダの伝説』も序章を見せたに過ぎません。他にもまだまだ作っているものがあります。しかし常に次の事は考えています。


スマートフォンに代表される汎用デバイスの普及で、ゲーム専門機の将来が危ぶまれる昨今ですが、任天堂が次に何を模索しているのか興味がそそられます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  2. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  3. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

    「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  4. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  5. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  6. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  9. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  10. 3DS『ぷよぷよクロニクル』アルル・アリィの声が変更できる「みさちあボイス」無料配信!

アクセスランキングをもっと見る