人生にゲームをプラスするメディア

セガサミーHD、平成27年3月期第2四半期決算を発表 ― 営業利益72%減

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングス決算スクリーンショット
  • セガサミーホールディングス決算スクリーンショット
セガサミーホールディングスは、平成27年3月期第2四半期決算を発表しました。

売上高1542億4500万円(前年同期比 4.9%減)、営業利益34億5200万円(前年同期比 72.2%減)、経常利益33億4200万円(前年同期比 76.6%減)、四半期純利益は20億7900万円の損失となりました。

コンシューマ事業では、パッケージゲーム分野にて、『ペルソナ4 ジ・アルティマックスウルトラスープレックスホールド』などの新作タイトルの販売し、パッケージ販売本数は、米国142万本、欧州196万本、日本71万本、合計410万本となり、前年同期実績を上回る結果となっています。なお、日米で販売したPS3・Xbox360『ペルソナ4 ジ・アルティマックスウルトラスープレックスホールド』の販売本数は、23万本とのことです。

携帯電話・スマートフォン・PCダウンロード等のデジタルゲーム分野では、オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル~絆の新大陸~』等のタイトルが堅調に推移。デジタルゲーム分野での国内配信タイトル数は、平成26年9月末時点で139本(うち、売切り型74本、無料プレイ型65本)となっています。

玩具販売事業では「アンパンマンシリーズ」及び「ジュエルパッド」などを中心に販売、アニメーション映像事業では劇場版「名探偵コナン異次元の狙撃手」の配給収入やTVシリーズ「弱虫ペダル」のライセンス収入、物販収入などが好調に推移したとのことです。

アミューズメント機器事業は、『StarHorse3 Season III CHASE THE WIND』CVTキット等の販売、『戦国大戦』CVTキットやカード等の消耗品の販売、『ボーダーブレイク』シリーズ、『セガネットワーク対戦麻雀MJ5 EVOLUTION』などのレベニューシェアタイトルによる配分収益を計上。国内のアミューズメント施設数は、前年同期連結累計期間の202店舗から198店舗になっています。また、アミューズメント施設事業は前期に引き続き、既存店舗の運営力強化を行ったものの、消費税率引き上げによる売上高減少の影響を受けたとしています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

    【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  4. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  7. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  8. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top