人生にゲームをプラスするメディア

セガサミーHD、平成27年3月期第2四半期決算を発表 ― 営業利益72%減

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングス決算スクリーンショット
  • セガサミーホールディングス決算スクリーンショット
セガサミーホールディングスは、平成27年3月期第2四半期決算を発表しました。

売上高1542億4500万円(前年同期比 4.9%減)、営業利益34億5200万円(前年同期比 72.2%減)、経常利益33億4200万円(前年同期比 76.6%減)、四半期純利益は20億7900万円の損失となりました。

コンシューマ事業では、パッケージゲーム分野にて、『ペルソナ4 ジ・アルティマックスウルトラスープレックスホールド』などの新作タイトルの販売し、パッケージ販売本数は、米国142万本、欧州196万本、日本71万本、合計410万本となり、前年同期実績を上回る結果となっています。なお、日米で販売したPS3・Xbox360『ペルソナ4 ジ・アルティマックスウルトラスープレックスホールド』の販売本数は、23万本とのことです。

携帯電話・スマートフォン・PCダウンロード等のデジタルゲーム分野では、オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル~絆の新大陸~』等のタイトルが堅調に推移。デジタルゲーム分野での国内配信タイトル数は、平成26年9月末時点で139本(うち、売切り型74本、無料プレイ型65本)となっています。

玩具販売事業では「アンパンマンシリーズ」及び「ジュエルパッド」などを中心に販売、アニメーション映像事業では劇場版「名探偵コナン異次元の狙撃手」の配給収入やTVシリーズ「弱虫ペダル」のライセンス収入、物販収入などが好調に推移したとのことです。

アミューズメント機器事業は、『StarHorse3 Season III CHASE THE WIND』CVTキット等の販売、『戦国大戦』CVTキットやカード等の消耗品の販売、『ボーダーブレイク』シリーズ、『セガネットワーク対戦麻雀MJ5 EVOLUTION』などのレベニューシェアタイトルによる配分収益を計上。国内のアミューズメント施設数は、前年同期連結累計期間の202店舗から198店舗になっています。また、アミューズメント施設事業は前期に引き続き、既存店舗の運営力強化を行ったものの、消費税率引き上げによる売上高減少の影響を受けたとしています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る