人生にゲームをプラスするメディア

【そそれぽ】第99回:ポップでライトで…生々しい!?経営SLG入門に最適『コンビニドリーム』をプレイしたよ!

任天堂 3DS

はじめは小さな店舗でも・・・
  • はじめは小さな店舗でも・・・
  • どんどん広くなっていく!
  • 上画面のデータを参考に経営すべし
  • 店員を雇用しなきゃ始まらない
  • 好みの商品を並べる
  • イベントは来客数アップのチャンス
  • 迷惑客多すぎー!
  • 水はけの悪さだけがこの店の欠点(笑)
インサイドをご覧の皆さま、こんにちは。そそそこと津久井箇人です。皆さんのゲームライフを充実させるゲームプレイレポート、第99回を迎えました【そそれぽ】のお時間です。

筆者はコンビニ、よく行きます。朝食のパンなんかは大体コンビニのパン。最近はデザートも美味いっすよね。実は学生時代に某縞模様のコンビニでアルバイトをしていたのですが、何でコンビニのレジって、列ができ始めると一気に長い列になるんでしょうかね?(笑)店員もテンパって「レジお願いしまーす!」って品出ししている店員をヘルプに呼び「こちらのレジどうぞ!」と駆けつけて、店内が一瞬バタバタっとしたり。列が短くなるまで店内の商品を眺めていたほうがよっぽどヒマつぶしになるのに、1人並び始めると、店内のほとんどの人が列に並び始める謎。誰かあの現象を科学的に検証してください!(笑)

というわけで、今回プレイするのはアークシステムワークスのニンテンドー3DSダウンロードソフト『コンビニドリーム』です。

経営シミュレーションゲームは基本的に大好きな筆者。スマホなども含めてハード問わず、いろいろなものをかじっています。中でも大規模な経営よりも、こういったミニマムなテーマのものの方が好きなので、1店舗の経営に集中できる本作がどんな感じなのか、とても興味があります。それでは、早速プレイしていきましょう。


◆『コンビニドリーム』ってどんなゲーム?


■お手軽コンビニ経営シミュレーション
プレイヤーはコンビニのオーナーになって、週ごとや季節ごとに変化する予測客層に合わせて、より合った商品を取扱いながらコンビニを経営していきます。経験値によるレベル制が導入されていることが特徴で、お客さんが買い物をしたり、「決まった商品を○個売れ」といったイベントミッションをクリアしたりすることで経験値をゲット。レベル50=「立派な店舗」を目指すのが目標です。

■操作はタッチペンオンリー
3D立体表示に非対応で、上画面にはデータが表示。下画面にはコンビニ店内が表示されていて、操作はすべて下画面タッチで行います。何かアクションを起こしたい場所をタッチすれば、大体思った通りのパネルメニューが表示されるので、かなり直感的にプレイすることができます。ゲーム開始時のチュートリアルも充実しています。

■類似テーマの他のゲームとはけっこう違う
「コンビニ」がテーマの経営シミュレーションゲームと言えば、皆さん“アレ”をまず想像すると思うのですが、やってみると、中身はかなり別物です。良い意味で「本格的」ではないので、小難しい要素は一切排除。全体的にライトな雰囲気で、“ゲームとして”気軽にプレイできます。


◆デフォルメなのかリアルなのか


■軌道に乗るまではアクションゲームのつもりで
序盤は、店員の動きがあまり良くないので、プレイヤーがタッチ操作で直接助けてあげながら効率良く経営が回すことが大事です。売り切れた棚の商品補充や、万引きや酔っぱらいなどの迷惑客への対応指示、ゴミ捨ての指示・・・けっこうバタバタするので、タッチ操作をポンポンする感じはまるでアクションゲームのよう(笑)。店全体に目を配り、プレイヤー自身が動くことも序盤は特に重要なので、本作ならではの「味」と言えると思います。

■エリアマネージャー「エリ」の鋭い目
時折、店に来るエリアマネージャーの「エリ」は、店を視察して評価していきます。エリアマネージャーが来るときにちゃんとしてなきゃいけないとか、コンビニ経営ゲームとしてかなり生々しい要素です(笑)。減点こそないものの、視察で好感を得ることで経験値ボーナスも手に入るので、店はいつも、品切れさせないように、廃棄を出さないように、清潔にしておきましょう。

■集客アップに多彩な手段
集客力をアップする手段が多彩なのが本作の魅力。わかりやすい部分では、電子レンジを置いたりすれば、弁当を買う客足が良くなったり。あとは、ATMなど便利な機器を設置したり、ポスターを貼ったりと本当に多岐に渡っています。そんな中、店員がイベントに応じたコスチュームになったりしても集客がアップします。本気なのかギャグなのか、筆者には理解できない領域に入っています!(笑)

■そんなに稼いでいいの!?ってぐらい稼げる
普通のコンビニだったら独立して会社作っちゃうよってぐらいの勢いで稼げます(笑)。単純にクリアだけなら経営1年目でも普通に到達できてしまいます。以降もやり込み要素としてそのままゲームを続けられますが、月単位であんなに拡張していくコンビニが近所にあったらドン引きです(笑)。そのあたりは、あくまでも“ゲーム”なのでリアリティは捨て置いてバンバン気持ち良くコンビニ経営しちゃいましょう。


◆気になったところ


■完全に一方向の店内
棚の向きなども変える必要がなく、完全に正面から一方向に向かってしか立体性のない店内。設置物はすべて正面向きにしか置けません。そのため、レイアウトも限られてしまい、経営シミュレーションとして「自分好みの店舗を作る」部分が簡易化されすぎているように感じました。棚を背中合わせにしたり、壁に沿った向きで冷蔵棚を並べたり・・・そういうことができないのは、良く言えば面倒なことがない「シンプルさ」なのですが、もっとこだわった店内レイアウトをしたい筆者みたいなプレイヤーにとっては、ちょっと物足りなかったです。

■古株店員さようなら
店員の能力が完全固定のため、起用するほど能力が上がるといった成長要素は一切はなく、良い店員をドンドン採用していく形になります。ゲームを進めるほど優秀な店員が出現するのですが、よほどの思い入れがない限り、能力が低い店員との入れ替え一択なので、なんというか、すごくドライな職場です(笑)。新しい店員を入れるか、古株を使い続けるか、そういったことで迷ってしまう要素が欲しかったです。

■中盤以降はプレイヤーの手を離れる
中盤以降、軌道に乗っていれば、プレイヤー自身がやれることはあまりなく、放置してイベントが起きれば対応という感じになります。序盤とはうって変わって作業感が出てしまって、ちょっと残念。とは言え、このあたりは、どんな経営シミュレーションでもありがちなので、解決が難しい部分でもあると思います。その分、時間の流れは4段階の速度設定があるので、作業的な部分はドンドン「超はやい」で進めてしまえば、サクサクです。

■店舗が広くなるとひと目で見渡せない
店舗を拡大して大きくしていくと、画面からはみ出して、画面をフリックしてスライドさせないと店内全体が見えなくなります。画面縮小表示機能とか簡易全体表示機能みたいなものが欲しかったです。

■ボタン操作にも対応してほしかった
タッチペンによる操作も特に不便は感じなかったのですが、シンプルな操作がほとんどだったので、ボタン操作にも対応してほしかったです。

■迷惑な客、多すぎ!
万引き、酔っぱらい、悪質クレーマーが、日常的に来ます(笑)。しかもその処理件数がミッションになっていたりもして、若干の世紀末感を覚えました(笑)。

■お金あるんだし、水はけ良くしようよ
豪雨や台風だと、店の入口に水たまりができてお客さんの入りが悪くなってしまうのですが、こんなに稼いでいるんだから、水はけぐらい良くできませんかね?(笑)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


◆総評


シンプルでわかりやすくコンビニ経営してる気分に浸れる
経営シミュレーションゲーム入門編!


経営シミュレーションゲームというと、いろいろなことをしなくちゃいけなくて、とにかく小難しいイメージがあるのですが、本作はプレイヤーがやるべきことを絞りに絞って、シンプルにわかりやすく作られています。なので、このテのジャンルのハードルを良い意味で下げているタイトルであると感じました。基本は、予測される客層に合わせて、より合った商品を並べていくという部分で、軌道に乗せるまではそういったベーシックな経営がとても大事になってきます。加えて季節イベントなどが良いスパイスになっていて、飽きにくい構造になっています。

ただし、経営が軌道に完全に乗ると、プレイヤーはやや手を持て余し気味。見守ることがメインで、イベント時に対応するといったプレイスタイルになっていきます。時間の進み具合は4段階に調節できるので、サクサクプレイしたい人は1番速い「超はやい」を選べば作業的なパートもほとんどストレスなくプレイできます。

シンプルゆえに、より細かな部分までこだわった店内レイアウトなどができないことに筆者個人は少しだけ不満ですが、ゲームのコンセプト的には正解であるとも感じました。難易度もかなり低めになっていて、何をどうすれば良いのかが直感的にわかり、経営シミュレーションをこれまでプレイしたことがない人でも、すぐに馴染めるのではないかと思います。

【こんな人にオススメ】
・経営SLGに興味がある未経験者
・経営SLGが好きな人
・隙間時間にプレイする手軽なゲームを探している人

とにかく、簡易的にコンビニ経営している気分に浸れるワケですが、ところどころリアルなんです。店内レイアウトとかも、現実に沿ったレイアウトが効果的だったり、エリアマネージャーが突然来たりと、なぜこんなにライトでシンプルでポップなコンビニ経営ゲームに、生々しい要素を入れたのか!(笑)ゲーム自体は、やめどきがわからないハマるタイプなので、興味がある方はぜひダウンロードしてプレイしてみてくださいね!


【そそれぽ】第99回、いかがでしたでしょうか?いよいよ次回は100回を迎えるワケですが、いろいろ準備しております。間に合えば公開できるハズ!(笑)次回、第100回目もどうぞお楽しみに!


『コンビニドリーム』は、好評配信中で価格は800円(税込)です。

(C)ARC SYSTEM WORKS


■筆者プロフィール
津久井箇人 (つくいかずひと) a.k.a. そそそ
愛内里菜らに楽曲提供をし、VOCALOID音楽のクリエイターとしても有名な作・編曲家。ゲームを紹介するブログ記事が評価され、2011年からINSIDEでライター活動を開始。レトロゲームから最新ゲーム、戦略SLGから格ゲーまで、幅広いジャンルのゲームをプレイする。
Twitter:@sososo291
ブログ:sososo activity
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『MHF』が『Z』へ! 11月9日に大型アップデート、PS4版は11月22日に幕開け…全武器種に“抜刀ダッシュ”、防具の見た目が変更可能に

    『MHF』が『Z』へ! 11月9日に大型アップデート、PS4版は11月22日に幕開け…全武器種に“抜刀ダッシュ”、防具の見た目が変更可能に

  2. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  5. 『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

  6. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

  7. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  8. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  9. 『ゼルダの伝説』リンクがハイクオリティなフィギュアに!『トワプリHD』『ムジュラ』『神トラ2』の3作品

  10. 『MHF-G』11月18日に大型アップデート「G9」実施! 第四の遷悠種「ベリオロス」登場…エヴァコラボ第2弾も

アクセスランキングをもっと見る

page top