人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール10月1日配信タイトル ― 『スーパーチャイニーズワールド』『マッハライダー』『F-ZERO ファルコン伝説』の3本

任天堂 Wii U

スーパーチャイニーズワールド
  • スーパーチャイニーズワールド
  • 『スーチャイ』シリーズ初のSFCソフト
  • マッハライダー
  • 渋い世界観と難易度が印象的
  • F-ZERO ファルコン伝説
  • メディアミックス展開された『F-ZERO』
任天堂は、10月1日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

10月1日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、スーパーファミコンソフト『スーパーチャイニーズワールド』、ファミコンソフト『マッハライダー』、ゲームボーイアドバンスソフト『F-ZERO ファルコン伝説』の3作品です。

『F-ZERO ファルコン伝説』は、同名のテレビアニメが放送されるなど、メディアミックス展開が行われた『F-ZERO』シリーズ作品です。本作を機に『F-ZERO』シリーズの明確な世界観が確立され、後のシリーズ作品やキャラクター設定にも影響を与えています。例えば、本作の主要な登場人物の1人であり、シリーズの代表的なキャラクターでもある「キャプテン・ファルコン」。現在ではトレードマークのひとつとなっている黄色いマフラーは、テレビアニメ「F-ZERO ファルコン伝説」で生まれた設定です。


◆スーパーチャイニーズワールド


配信予定日:2014年10月1日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1991年12月28日
発売元:カルチャーブレーン
ジャンル:アクションRPG

『スーパーチャイニーズワールド』は、1991年にカルチャーブレーンよりスーパーファミコンソフトとして発売されたアクションRPGで、『スーパーチャイニーズ』シリーズの流れを汲む『スーパーチャイニーズワールド』シリーズの第1作です。主人公の2人「ジャック」と「リュウ」も暮らす「チャイニーズランド」に「宇宙平和使節団」の代表「パキン」がやって来て以来、さまざまな事件が巻き起こります。

トップビュータイプのフィールドを移動しながら、チャイニーズランドを冒険。通常戦闘は『スーパーチャイニーズ』シリーズならではのアクションゲームが展開しますが、ボス戦ではコマンド入力式のRPG風戦闘となります。さまざまなアクションやアイテムを駆使して、敵を打ち倒しましょう。2人同時プレイで特殊なアクションが出せることも特徴です。

(C)1991カルチャーブレーン


◆マッハライダー


配信予定日:2014年10月1日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1985年11月21日
発売元:任天堂
ジャンル:レース

『マッハライダー』は、1985年に任天堂よりファミコンソフトとして発売されたレースゲームです。荒れ果てた近未来を舞台に、プレイヤーはマシンガンを搭載した愛車で天地求めて走り続けます。

敵を倒しながらゴールをめざす「FIGHTING COURSE」、時間内に一定距離を走る「ENDURANCE COURSE」、敵の現れない状態で時間内に一定距離を走る「SOLO COURSE」の3つのゲームモードを搭載。また「DESIGN」で自分だけのオリジナルコースを作り、各モードでプレイすることも可能です。

(C)1985 Nintendo


◆F-ZERO ファルコン伝説


配信予定日:2014年10月1日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ゲームボーイアドバンス
オリジナル版発売日:2003年11月28日
発売元:任天堂
ジャンル:レース

『F-ZERO ファルコン伝説』は、2003年に任天堂よりゲームボーイアドバンスソフトとして発売されたレースゲームで、『F-ZERO』シリーズ作品のひとつです。同名のテレビアニメのサイドストーリーとして、西暦2201年を舞台に、新人レーサー「リュウ スザク」と、謎のパイロット「キャプテン・ファルコン」が、高速レース「F-ZERO」のライバルとして熾烈な戦いを繰り広げます。

メインのゲームモード「ストーリー」では、ザッピングシステムを採用。最初は「リュウ スザク」しか選べませんが、物語を進めることで「キャプテン・ファルコン」をはじめとする8人のキャラクターのストーリーも楽しめるようになります。「グランプリモード」では、ゲームを進行することで使用できるマシンが増えるなど、「タイムアタック」を含むやり込み要素も多数収録されています。

(C)2003 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top