人生にゲームをプラスするメディア

【スマブラ3DS攻略】隠しキャラクターの登場条件をチェック (Update 10)

任天堂 3DS

挑戦者
  • 挑戦者
ニンテンドー3DSの『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』。ゲーム開始時点から多数のキャラクターが使用可能ですが、ゲームを進めていけば更に多くのキャラクターが参戦していきます。

新キャラクターの参戦は、「シンプル」「フィールドスマッシュ」「百人組手」をクリアすることで参戦していくようです。ただし、使用キャラクターやクリア回数などの要因がフラグになっているかは不明。どのキャラクターも、スタッフロール後に乱入者として出現し、それを倒すと使えるようになりますが、プレイヤーによって、出現するキャラクターは異なるようです。なお、万が一負けてしまった場合、違うキャラクターで再度挑戦すると別のキャラクターが乱入者として出現する場合があります。

また単純に、対戦回数が10回増える毎にも登場。こちらはとにかく対戦回数を重ねれば良いので楽です。現在の対戦回数は「いろいろなあそび」→「コレクション」→「戦いの記録」→「カウント集」で確認できます。そのほか、複数の登場条件があるようです。

■隠しキャラクター

ファルコ(Falco)
本名、ファルコ・ランバルディは「スターフォックス」シリーズに登場するキャラクター。
「シンプル」の初回クリアで登場
「フィールドスマッシュ」の初回クリアで登場
対戦回数10回で登場

ネス(Ness)
言わずと知れた「MOTHER」シリーズの主人公。
対戦回数20回で登場

ブラックピット(Black Pit)
『新・光神話 パルテナの鏡』に登場。ピットの邪心から生まれた。
対戦回数30回で登場

ルキナ(Lucina)
「ファイアーエムブレム」から。「覚醒」のヒロイン。

プリン(Purin)
「ポケットモンスター」シリーズから。

ワリオ(Wario)

ドクターマリオ(Dr.Mario)
対戦回数60回で登場

ロボット(Robot)
ファミコンの周辺機器の「ロボット」。
対戦回数70回で登場

ガノンドロフ(Ganondorf)
対戦回数80回で登場

Mr.ゲーム&ウオッチ(Mr Game & Watch)
対戦90回で登場

クッパJr.(KOOPA JR)
対戦100回で登場

ダックハント(Duck Hunt)
ファミコンソフト『ダックハント』から
対戦110回で登場

以上追加キャラクターは12人。
登場条件は順次アップデートしていきます。

【スマブラ3DS攻略】
隠しキャラクターの登場条件をチェック、全部で12人
隠しステージ出現条件を紹介、ステージ数は全34
クリアゲッター取得条件まとめ
《編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

    『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  2. 【Wii U DL販売ランキング】『ACE OF SEAFOOD』3位、『ブルームーン2』初登場ランクイン(12/5)

    【Wii U DL販売ランキング】『ACE OF SEAFOOD』3位、『ブルームーン2』初登場ランクイン(12/5)

  3. 今週発売の新作ゲーム『人喰いの大鷲トリコ』『龍が如く6 命の詩。』『Dishonored 2』『Dead Rising 4』『Miitopia』他

    今週発売の新作ゲーム『人喰いの大鷲トリコ』『龍が如く6 命の詩。』『Dishonored 2』『Dead Rising 4』『Miitopia』他

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 「ハテナブロック」の中身はお茶かコーヒー!?あのデザインのマグカップが海外通販サイトに登場

  6. 3DS『おそ松さん 松まつり!』発売決定!描きおろしきせかえプレート付き本体同梱版も限定発売

  7. 『とびだせ どうぶつの森』が「フエキのり」とコラボ!“あのノリ”の配信アイテムが登場

  8. 3DS『シェフィ』の体験版が配信スタート…新要素「プラクティスモード」をプレイ可能

  9. 【対談】『にょきにょき』コンパイル〇仁井谷正充の人生―成功と失敗から再起

  10. 『ポケモン サン・ムーン』には大人になった「レッド」「グリーン」も登場!パートナー3匹の進化した姿を含む動画が公開

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top