人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪

ゲームビジネス 開発

【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
  • 【CEDEC 2014】開発支援から成功支援へ、ゲームエンジンの外にも広がるUnityの輪
スタンダードなゲームエンジンとしての地位を確立した感のあるUnity。大幅にバージョンアップした「Unity5」が現在予約受付中ですが、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン日本担当ディレクターの大前広樹氏が「Unity5からその先の話」と題した講演を行いました。

現在のユニティ・ジャパン日本のUnityコミュニティ


約3年前に設立されたユニティの日本法人。現在は20名体制で、日本向けのライセンスビジネスだけでなく、Unity本体の開発にも携わり、ゲームのパブリッシング事業にも拡大しています。国内のユーザー数は中国、アメリカに次いで3位の26万人。アクティブなユーザーも10万人以上いるとのこと。近年ではゲームだけでなく、ノンゲームにも利用が広がっています。アセットを販売するAsset Storeも日本語化が進められていて、販売されているコンテンツもトップ100から順次翻訳が行われているそうです。日本からの販売も増加していて、先日ゼンリンが秋葉原のモデルデータを公開するというニュースもありました。

Unity Asset Storeでは日本のアセットが続々登場


■Unity5で提供される数多くのアップデート

まずは「Unity5」で提供されるアップデートについて駆け足で紹介がありました。

最初は物理ベースシェーダーとダイナミックGI(グローバルイルミネーション)。これらはアーティストがパラメーターで個別に設定を行わずとも、物理的に正しいライティングを行おうという試みです。表面の素材が異なれば、光の反射の具合やその際の視覚される色が異なってきます。光源が変わった時も同様です。Unity5に搭載されている物理ベースシェーダーはこの処理をアーティストが手を加える事なく実現します。GIについても、StaticなものであってもUnity側で自動的にベイキングしてくれるため、操作の手間が軽減されます。シェーダーは独自でカスタマイズすることも可能で、クルマや人間の皮膚にカスタマイズしたものが例示されました。

物理的に正しい表現を容易に実現可能に


新しいオーディオシステムは、ゼロから設計されたもので、これまでと鳴らし方が異なります。ミキサーのトラックレベルでエフェクトをかけられるようになり、パフォーマンスが向上したほか、細かいコントロールも容易になります。他にもサウンドデザイナーにとって有益な機能が多数搭載されているそう。

ウェブブラウザでOpenGLを実現するWebGLはプラグイン無しで利用できるようになります。本格的な3DゲームがFireFox上で動く様子がデモされました。こちらは無料での提供が決定したのとこと。

このクラスの3Dゲームがヌルヌル動いていた


UnityではC#やUnityScriptで記述したものをバーチャルマシン(Mono Runtime)で動作させることでマルチプラットフォームを実現してきましたが、今後はIL2CPPという基盤で、C++に変換し、コンパイルして動作させる方式に変更。WebGLの場合はC++を更にJavaScriptに変換することで高パフォーマンスを実現しています。「C#は楽で安全、でも犠牲にしていた速度を、IL2CPPでは良い所を活かしながらC++の速度を手に入れる事が出来る」(大前氏)とのこと。

IL2CPPの概念パフォーマンスの比較


Mono Runtimeという外部のランタイムを用いてきたことで、Unityとしては様々な制約があったそうですが、独自のランタイムに入れ替えることで、プラットフォーム対応の速度やメンテナンスの難易度が低下。今後はC#や.NETの新バージョンへの対応も出来るのではないか、とのことでした。

開発を容易にする仕組みとしては「フレームデバッカー」と呼ばれる、ドローコールを追いながら、具体的に何が行われ、何が起こり、どのくらいのコストがかかっているのをビジュアル化するツールが登場。さらに、「マルチスレッドプロファイラー」ではフレーム毎のスレッドの利用状況を追えるようになりました。いずれもパフォーマンスを引き出していく際には有益なツールとなりそうです。

フレームデバッカーマルチスレッドプロファイラー


またUnity全体の取り組みとしては、バグ修正を高速化するべく動いているそうです。Issue Trackerというバグのデータベースを用意。ユーザーからの投票も受け付けながら対応のプライオリティを決定。さらに、パッチリリースも開始。毎週バグフィックスを実施するということを既に15週間継続していて、今後も続けていくとのこと。

■ゲームエンジン、その先に

大前氏は現状のUnityは「ゲームエンジン、以上!」であり、ゲーム開発者がやらなくてはならない事の一部しかサポートできていないとして、作る以降のプロセスもサポートしていくと話し、現在具体化している幾つかの動きを紹介しました。

Unityの今後


「Cloud Build」はどちらかというと開発側ではありますが、クラウドでUnityのプロジェクトを自動でビルドしてくれるというサービスです。githubのような所らにソースを登録すると自動でビルドが行われ、その結果が開発者に通知されます。プロジェクトが巨大化したり、対応プラットフォームが増えてくると、ビルドには時間や手間がかかるようになりますが「Cloud Build」であれば必要なだけのプラットフォーム向けのビルドを自動化することができます。iOSやAndroidであればインストール用のリンクがメールで送信され、ワンクリックで実機インストールできるという至れり尽くせり具合。現在はオープンβで、有償での提供となりますが、無料のサービスも予定されているとのこと。

チョー便利そうなCloud Build


「Unity Analytics」は特に設定などを必要とせず、プレイヤー数やセッション数
の増減、売上などを管理してくれるアナリティクスサービス。

「Unity Ads」は主にビデオ広告を配信するためのプラットフォーム。無料でクロスプロモーションを行う仕組みも提供。2014年には20億円以上をデベロッパーに還元、来年には100億円規模のサービスにしたい、とのこと。ユニティが買収したApplifierが提供していたサービスです。

お金を還元する初のエンジンメーカー?


「Everyplay」もApplifierが提供していたもので、iOSやAndroidのゲームに組み込むことで、ゲームプレイを録画したり、生中継を行うためのシステムを提供します。ゲーム動画は一大ムーブメントとなっていますが、自身のゲームで容易に対応が可能となります。

「Unity Games Japan」のブランドでは、Unityで開発されたゲームのパブリッシングをサポートします。スマートフォンのみならず、PS4、Xbox One、Wii Uのような家庭用ゲーム機向けのパブリッシングも提供。海外向けにはローカライズ会社のKakehashi Gamesと提携してローカライズまで行います。

パブリッシングも支援


最後にUnityのイメージキャラクターの「Unity-Chan」も活躍中。大前氏は「ファンベースを共有するため」と取り組みを説明。既に人気のあるキャラクターを使ってもらうことで、ゲームの人気に一役買おうという意気込みのようです。

活躍中のUnity-Chan


■開発支援から成功支援へ

最後に2つのサプライズがありました。

1つ目はUnityの弱みでもあった共同作業の改善です。Prefabとシーンの持ち方を改善することで衝突を軽減。テキストベースではないシーンマージツールも提供することで、文脈を理解しながらマージが可能となりました。また、複数のシーンを同時に編集するマルチシーン編集についても初披露。違うシーンを同じ空間に入れることで調整作業が容易になります。こちらは5.xのどこかで導入予定だとのこと。

もう1つは日本語サポートの改善です。きちんとしたIMEのサポートや、Windowsでの日本語ユーザー名やパス名での問題の解消。日本語に対応したMac MoboDevelopの導入など。エディタ自体の日本語化も来年4月までにはやりたいとのことでした。

大前氏は、作る側の支援は当然のこととしてこれまで以上に力を入れながら、作った後もケアしていくと述べ、開発支援ではなく成功支援であると述べ講演を終えました。「Unity5」によって大幅にバージョンアップするエンジン本体のみならず、矢継ぎ早に登場するゲームを広めるための施策たち。引き続き動向が楽しみなメーカーです。

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. 剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

    剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

  4. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  9. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  10. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

アクセスランキングをもっと見る

page top