人生にゲームをプラスするメディア

【OTAKON 2014】米ボルチモアでオタクの祭典「OTAKON 2014」が開催中、日本文化を発信中

その他 全般

会場のボルチモア・コンベンションセンター
  • 会場のボルチモア・コンベンションセンター
  • OTAKONの広告
  • 来場者受付
  • ファン同士の交流スペース
  • コスプレをしての来場が非常に多い
  • カラオケ会場
  • プロの機材を使ったコスプレイヤー向けの撮影会場
  • 撮影会場全体
8月8日から10日まで、米メリーランド州の州都ボルチモアで、アメリカ国内最大級のオタクイベント「OTAKON 2014」が開催されています。

このイベントはコミコンとは違い、日本のアニメや漫画、ゲームにスポットを当てたイベントであり、日本のアニメやゲームファンが多く訪れています。

来場者の約半数はコスプレ姿での来場のように見受けられ、開催場所であるボルチモア・コンベンションセンター周辺は異様な熱気に包まれていました。

コスプレイヤーは、定番のジャンプ系以外に、『進撃の巨人』『キルラキル』のコスプレが圧倒的に多く、アメリカでの人気の高さが伺えます。

日本のアニメやゲームに関係する人物がゲストとして登場しており、英語吹き替え版の『セーラームーン』『キルラキル』などの声優や、日本からはゲームクリエイターのイシイジロウ氏、イラストレーターで漫画家のコザキユースケ氏、アニメ監督の片渕須直氏などが招かれています。

また、アニメ「アクセル・ワールド」や「ストライク・ザ・ブラッド」などの主題歌を担当した音楽ユニットのALTIMAや、X-JAPANのYOSHIKI氏などのアーティストも特別ゲストとして招かれています。

会場内では、日本文化を紹介するパネルディスカッションや、カラオケステージ、プロの機材を使ったコスプレイヤー向けの写真撮影などが行われていました。

アメリカでの日本文化の人気を垣間見られるイベントとなっています。現地からのレポートをお楽しみに。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

    “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  4. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  5. 「この素晴らしい世界に祝福を!」2017年1月より第2期放送スタート!第1期一挙配信も決定

  6. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  7. 1億5000万回再生の恐怖映像「ライト/オフ」が映画化!シーンカット画像が到着

  8. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  9. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  10. 誰でも“結月ゆかり”になれる「FaceRig Live2D」非公式モデル配布開始、「かわいさ」「偉大さ」「まな板」を徹底再現

アクセスランキングをもっと見る

page top