人生にゲームをプラスするメディア

日本一ソフトウェア、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― 国内外あわせて全6タイトル発売するも1500万円の赤字

ゲームビジネス その他

日本一ソフトウェア 平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
  • 日本一ソフトウェア 平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
日本一ソフトウェアは、平成27年3月期 第1四半期決算を発表しました。

売上高7億6700万円(前年同期比 39.4%増)、営業利益100万円(前年同期比 93.0%減)、経常利益200万円(前年同期比 93.1%減)、四半期純利益マイナス1500万円となりました。

パッケージ事業では、国内外あわせて全6タイトルを発売しました。国内市場においては、PlayStation3専用ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』、PlayStation Vita専用ソフト『htoL#NiQ ―ホタルノニッキ―』の2タイトルを発売。海外市場では、PlayStation Vita専用ソフト『Demon Gaze』(邦題:『デモンゲイズ』)、PlayStation3専用ソフト『MugenSouls Z』(邦題:『圧倒的遊戯ムゲンソウルズZ』)、PlayStation Vita専用ソフト『HyperdimensionNeptunia : Producing Perfection』(邦題:『神次元アイドル ネプテューヌPP』)、Playstation3専用ソフト『Battle Princess of Arcadias』(邦題:『アルカディアスの戦姫』)の4タイトルを発売しました。また、グッズの製作・販売にて、新規グッズの製作やホームページでの通信販売サイトにおけるキャンペーンを展開しました。

オンライン事業は、GREE、ヤマダゲーム及びMobageにて『ディスガイア魔界コレクション』の配信を行うとともに、Android OS対応ゲームアプリ『ディスガイアレギオンバトル』を配信しました。また、PlayStation Networkを通じて、ダウンロードコンテンツ等の配信を行いました。ライセンス事業においては、ドリコムとの共同事業として制作したGREE及びmixi向けソーシャルゲーム『ビックリマン』を配信。その他事業では、ブロッコリーから発売予定のPlayStation Portable専用ソフト『うたの☆プリンスさまっ♪ All Star After Secret』の受託開発を行いました。また、グッズやトレーディングカードを扱うアミューズメント施設「プリニークラブ」の運営を行ったとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

    80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. カプコン、平成27年3月期決算を発表 ― 前期『MH4』の反動減に苦戦し売上高減も純利益増

  8. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  9. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  10. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top