人生にゲームをプラスするメディア

セガサミーHD、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― パッケージ販売本数が前期同期実績を上回るも減収減益

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングス平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
  • セガサミーホールディングス平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
セガサミーホールディングスは、平成27年3月期第1四半期決算を発表しました。

売上高883億6600万円(前年同期比 2.6%減)、営業利益93億700万円(前年同期比 42.3%減)、経常利益100億1100万円(前年同期比 41.3%減)、純利益55億2000万円(前年同期比 57.4%減)となりました。

アミューズメント機器事業は、『WORLD CLUB Champion Football』シリーズのCVTキットやカード等の消耗品の販売、『ボーダーブレイク』シリーズ、『セガネットワーク対戦麻雀 MJ5 REVOLUTION』などのレベニューシュアタイトルによる配分収益が計上されましたが、主力タイトルの販売がありませんでした。アミューズメント施設事業は、前期に引き続き、既存店舗の運営力強化を行いましたが、消費税率引き上げによる売上高減少の影響を受けました。

コンシューマ事業においては、パッケージゲーム分野にて『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』などの新作タイトルの販売を行い、パッケージ販売本数が米国63万本、欧州64万本、日本42万本、合計170万本となり、前期同期実績を上回っています。一方、携帯電話・スマートフォン・PCダウンロード等のデジタルゲーム分野において、オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル』等のスマートフォン向け配信タイトルが堅調に推移。デジタルゲーム分野における国内配信タイトル数は、平成26年6月末時点で134本(うち、売切り型73本、無料プレイ型61本)となっています。

玩具販売事業は、「アンパンマンシリーズ」及び「ジュエルポッドシリーズ」などの定番商品を中心に販売を実施。アニメーション映像事業においては、「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」の配給収入やTVシリーズ「弱虫ペダル」などが好調に推移しました。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  2. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  3. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. アンリアル・エンジン4に採用された物理ベースのマテリアル・システム・・・「Unreal Japan News」第72回

  6. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  9. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る