人生にゲームをプラスするメディア

2013年の国内家庭用ゲーム市場規模は4,095億円に、Wiiは累計1億台を突破

ゲームビジネス 市場

公式サイトより
  • 公式サイトより
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、家庭用ゲーム産業の年次報告書「2014CESAゲーム白書(2014CESA Games White Paper)」を発刊しました。

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は1996年より、コンピュータエンターテインメント産業に関わる各種データを調査・集計し、業界内外に向け情報を発信しています。今回は「メーカー出荷量データ」のほか、「2014CESA一般生活者調査報告書~日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査~」よりそれぞれ一部データを抜粋し掲載しています。また、海外市場の紹介として海外の各調査機関の協力の下に推計しています。

2013年度のゲーム市場規模に関する数字は以下のようになります。

■日本国内の家庭用ゲーム市場規模は4,095億円。ダウンロードゲームソフトウェア市場は103億円。
家庭用ゲームの日本国内市場規模は、ハードウェアが1,558億円、ソフトウェア(パッケージ)が2,537億円、合計で4,095億円と判明。ダウンロードゲームソフトウェア市場の推計は103億円に。

■海外の家庭用ゲーム市場規模は2兆8,222億円。
海外市場規模を推計した結果、家庭用ゲームの海外市場規模はハードウェアが1兆1,172億円、ソフトウェアが1兆7,050億円、合計で2兆8,222億円に。

■ハードウェア全世界累計出荷、「Wii」が累計1億台突破。
2013年12月31日までのハードウェア全世界累計出荷を調べたところ、「Wii」が累計1億90万台となり、1億台を超えていたことが判明。

■2013年の国内ミリオン出荷タイトルは全5タイトル。
2013年発売タイトルのうち100万本以上出荷があったタイトルを調査したところ、全5タイトルが該当すると判明。このうち最も多く出荷されたのは「ポケットモンスター X・Y」(ニンテンドー3DS)で、2013年12月31日までに434万本を出荷。

これらのデータ以外にも、昨今のゲーム業界におけるトレンドを代表し、今回は一般社団法人デジタルメディア協会理事長の襟川恵子氏による寄稿「デジタルメディアとともに20年」を収録しているとのこと。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

書籍「2014CESAゲーム白書」は全国の政府刊行物取り扱い書店などで発売中で、価格は7,560円(税込)です。

COPYRIGHT(c) 1996-2014 CESA All rights reserved.
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  2. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  3. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

    ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  4. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  5. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

  6. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  7. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  8. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  9. 『スーパーロボット大戦』『魔装機神』のウィンキーソフトが倒産 ― 2000年頃からヒット作に恵まれず

  10. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

アクセスランキングをもっと見る