最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

北米の小さな秋葉原? ニューヨークのコアなゲーム店「VideoGamesNewYork」突撃レポート

北米の小さな秋葉原? ニューヨークのコアなゲーム店「VideoGamesNewYork」突撃レポート

2014年7月9日(水) 11時32分

北米でゲームが購入できる店舗としては、大手チェーンのGameStopや家電量販店のBestBuyが一般的ですが、日本と同じように個人経営のお店も、多くはありませんが残っています。

今回はニューヨークのマンハッタンにある個人経営のゲームショップ「VideoGamesNewYork」をレポートしてみたいと思います。



「VideoGamesNewYork」は、マンハッタン南部のイーストビレッジという地区にあります。この地区には日系のお店が多く集まっており、小さな日本人街のようになっています。

お店はイーストビレッジの本通りからやや外れたところにありますが、お店の前にある大きなマリオの像が目印となっているので見つけやすいと思います。

一歩足を踏み入れると、天井まで商品で埋め尽くされている店内に圧倒されます。新作ゲームはもとより、レトロゲームやハードも非常に多く扱っており、古参ゲーマーにはたまらないラインナップになっています。



さらに、ここはニューヨークでも数少ない日本のゲームも販売しているお店でもあり、数・種類とも非常に豊富です。お店の責任者であるカールさん曰く、訪れる人は20代から40代が中心とのことですが、最年長のお客さんは75歳の人だそうです。

店員のカールさん


アメリカ人にも日本のゲームは非常に人気で、北米で発売されていない日本製タイトルや、ジャンプ系のなどアニメベースのタイトル、初音ミクのゲームが多く買われていくそうです。

また、ゲーム機や各ハード用のアーケッドスティックの修理も行っており、多くの部品を取り扱っています。

奥のショーケースの中には、同店舗のオーナーや従業員のコレクションとして、コナミの小島秀夫監督のサイン入りPS3や、任天堂の宮本茂氏のサイン入りニンテンドーDSなどを展示していました。

小島監督のサインは、2010年にニューヨークのユニクロで行われたメタルギアのコラボイベントの際にもらったもの、宮本氏のサインは、任天堂のフラグシップ店「Nintendo World Store」のイベントの際にもらったものだそうです。

宮本氏のサイン入りDS小島監督のサイン入りPS3


店内を埋め尽くすほどのゲームを置いている「VideoGamesNewYork」ですが、この店舗の地下やニュージャージー州に倉庫を持っており、何倍ものレトロゲームのラインナップを取り揃えているとのことです。店頭に出す品物は定期的に見直しを行っており、通販も行っています。

取材日には不在でしたが、店舗のオーナーが、アメリカやカナダのゲームやアニメコンベンションに参加したり、日本に行ったりして、レトロゲームを収集しているのだといいます。

店員のカールさんは、日本のゲームを多く扱っていることもあり、日本のゲームメディアや、アメリカの日本ゲーム情報サイトなどは常にチェックしていると語っていました。従業員みんなで日本のゲームを通して日本語も勉強しているとのことです。スラングばかりにならないか心配ですが…

ニューヨークを旅行で訪れることがあれば、笑顔のゲームファンが集い、スタッフも非常に気さくな「VideoGamesNewYork」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

VideoGamesNewYork
202 East 6th street New York, NY 10003

  • 店舗外観の画像
  • 入り口にいるマリオの画像
  • 店員のカールさんの画像
  • 店内の様子の画像
  • レアなゲームがショーケースいっぱいにあるの画像
  • 宮本氏のサイン入りDSの画像
  • 小島監督のサイン入りPS3の画像
  • 日本のスーファミやファミコンソフトの画像
  • 店内の様子の画像
  • PS1のソフトも日米問わず多くの在庫がの画像
  • 日本の限定版パッケージも置いてあるの画像
  • 日本の周辺機器の画像
  • 日本のPS Vitaソフトや北米ではまだ発売してないVita TVもあるの画像
  • レジ周辺の画像
  • 日本のワンダースワンまで揃っているの画像
  • ゲームウォッチの画像
  • レトロハードもの画像
(Article written by Daisuke Sato)

その他アクセスランキング