最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
「ニンテンドーニュース」でますます広がる任天堂の情報一次発信戦略

「ニンテンドーニュース」でますます広がる任天堂の情報一次発信戦略

2014年6月27日(金) 09時00分
  • E3 2014で行われた「Nintendo Kids Corner」の様子。会場では、招待された子供たちが宮本茂氏といっしょに最新作を試遊する姿も見られましたの画像
    E3 2014で行われた「Nintendo Kids Corner」の様子。会場では、招待された子供たちが宮本茂氏といっしょに最新作を試遊する姿も見られました
  • 4月30日に配信された「マリオカート8ダイレクト」が最新となるニンテンドーダイレクト。夏ごろには、次の配信も見られるでしょうか?の画像
    4月30日に配信された「マリオカート8ダイレクト」が最新となるニンテンドーダイレクト。夏ごろには、次の配信も見られるでしょうか?
  • グラフィカルでにぎやかなデザインが見ているだけでも楽しい「Nintendo News」。トップページ右下にさりげなくいるルイージをクリックすると……? そこかしこに遊び心が満載ですの画像
    グラフィカルでにぎやかなデザインが見ているだけでも楽しい「Nintendo News」。トップページ右下にさりげなくいるルイージをクリックすると……? そこかしこに遊び心が満載です
  • ゲームタイトルではなく、画像やキャッチコピーで記事に誘導するデザインは「任天堂タイトルの最新情報」という前提があるサイトならでは。マウスカーソルを乗せれば、タイトルも確認できますの画像
    ゲームタイトルではなく、画像やキャッチコピーで記事に誘導するデザインは「任天堂タイトルの最新情報」という前提があるサイトならでは。マウスカーソルを乗せれば、タイトルも確認できます

6月20日にオープンした、任天堂が自社の最新情報を発信するニュースサイト「ニンテンドーニュース」。元はゲームショップや大手家電量販店などで無料配布されている冊子ですが、このたび同名のWebサイトが誕生。6月25日に初の情報更新がされました。今回はこのニュースサイト誕生の背景に触れてみます。

◆E3でもキッズ層へのアピールを
 より強固なものに


先に開催されたE3 2014で、NoA(Nintendo of America)は同社初の試みとして子供たちを招待した「Nintendo Kids Corner」を開催しました。任天堂が多くの年少ユーザーを有するのはいうまでもありませんが、業界関係者のみが入場できるE3でさえそうした小さなゲームファンのことを忘れないという姿勢は、これまで以上の意気込みを感じさせます。

◆すっかりおなじみとなったニンテンドーダイレクトのメイン視聴者層は?


任天堂といえばいまや欠かせないのが「ニンテンドーダイレクト」。任天堂が自社タイトルを含む自社のプラットフォームからリリースされるタイトルの魅力や最新情報を直接発信するコンテンツで、配信されるたびに欠かさず見ているという方もおられるでしょう。

配信後に情報を聞きつけたユーザーたちがやってきて動画の再生数をさらに伸ばす例もありますが、ニンテンドーダイレクトのメイン視聴者層は、本質的には「能動的にゲームの情報を集める気概があるユーザー」であると思われます。前述の年少ユーザーたちにも欠かさず見てもらうには、さらなる一手がほしいところです。

◆キッズ層にも情報の一次発信を――ニンテンドーニュースが目指すもの


Nintendo Kids Cornerとニンテンドーダイレクト。これらのコンセプトを併せ持ち「子供たちにもより広く最新情報の一時発信を」というコンセプトで生み出されたのがWeb版「ニンテンドーニュース」といえるでしょう。では、年長のゲームファンは楽しめないかというとそうではないのが憎いところで、隔週水曜日に配信されている「ニャニャニャ!ネコマリオタイム」を同サイトからも見ることができたり、他の媒体では公開されていない『マリオメーカー』の最新情報を動画で見られたりと、任天堂タイトルのファンなら年齢を問わず見ごたえのある内容になっています。

今後はニンテンドーダイレクトの告知がここでも掲載されたり、もしかしたら発売中のタイトルの攻略情報などが掲載されたり……などというのもそう遠い話ではないのかもしれません。今年中には開始を予定しているというスマートデバイス向けのサービスとも連携を取れれば、さらなるシナジーが得られるでしょう。ますます地盤を固めていく任天堂の情報一次発信は、今後どこまで広がっていくのでしょうか。それを見る意味でも、「ニンテンドーニュース」はぜひブックマークしておきたいサイトです。

(C)2014 Nintendo

(Article written by 蚩尤)
評価の高いコメント
  • 2014年6月27日 15:03:20 ID: LJje0+bYicBG
    2 なまえがありませんさん
    通報する

    他の情報サイトと協力するより個人でやったほうが良いんじゃないでしょうか
    時代が時代ですからイロイロイチャモンつけられそうです…

  • 2014年6月27日 11:18:01 ID: aOelBQzIs2wN
    1 なまえがありませんさん
    通報する

    今の流れを維持できるか、それが今後の課題であり、また同時にハードとソフトの販売展開を如何にして進めていくか?
    それにはYoutube・niconico・Twitter・Facebook等のSNSのシェア機能を、自分のBlogには配信中のネコマリオタイムなどの動画をBlog内の埋め込み機能を用い共有し、一時発信拠点のニンテンドーニュースから二次中継基地・三次中継と各ユーザー間とINSIDE様等のゲーム情報メディアとの連携がこれからの任天堂を支えていく一つの鍵ではないでしょうか。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

任天堂アクセスランキング