人生にゲームをプラスするメディア

インクリメントP、地図アプリをレトロRPG風に変換する技術を発表

その他 全般

地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
 14日、東京ビッグサイトで開幕したITの専門展「2014 Japan IT Week 春」。インクリメントPは、地図画面をロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』の試作展示を行った。

 会場に展示された「RPG風エンタメマップ。」は、Googleが2012年4月1日に発表したエイプリルフールネタ、ファミコン版『Google Maps 8ビット』をヒントに開発したといい、普段見慣れた東京都心や日本地図がロールプレイングゲーム風の画面に生まれ変わった。

 インクリメントP商品部の北谷尚大氏は「Googleのものは一瞬で終わってしまいましたが、実際の地図を使って、通勤や通学で皆さんが触れるカタチでRPGを再現できないかと企画してみました」と話す。

 将来的には、「RPG風エンタメマップ。」を同社のウェブサイト地図や企業向けスマートフォンアプリ開発キット「MapFan SmartDK」において提供することを検討しているという。

 北谷氏は「実際にゲーム会社の方にも見て頂いて良い反響を得ています。いままで地図を納品していなかった業界に向けて、地図を使ってもらうきっかけにしていきたい」と地図の反響について話した。

【2014 Japan IT Week】地図アプリがロールプレイングゲーム風に変身!……インクリメントP

《椿山和雄@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

    『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  2. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  3. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

    シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  4. 【週刊インサイド】ニンテンドースイッチのソフトはリージョンフリーに…任天堂新ハードの情報や『スプラトゥーン2』発表などに注目集まる

  5. 劇場版 「チェンクロ」 第2章初日舞台挨拶、石田彰「盛り上がりどころしかない」

  6. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  7. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  10. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

アクセスランキングをもっと見る