人生にゲームをプラスするメディア

『ディズニーインフィニティ 2.0』正式発表、今度はマーベルキャラが参戦だ

任天堂 Wii U

『ディズニーインフィニティ 2.0』正式発表、今度はマーベルキャラが参戦だ
  • 『ディズニーインフィニティ 2.0』正式発表、今度はマーベルキャラが参戦だ
  • 『ディズニーインフィニティ 2.0』正式発表、今度はマーベルキャラが参戦だ
  • 『ディズニーインフィニティ 2.0』正式発表、今度はマーベルキャラが参戦だ
  • 『ディズニーインフィニティ 2.0』正式発表、今度はマーベルキャラが参戦だ
先日予告されていたように、本日ディズニーは海外向けにフィギュアサンドボックスゲーム『Disney Infinity』の『2.0 Edition』をアナウンスイベントにて正式発表しました。同作は2014年内にもリリース予定で、対象プラットフォームはPC/PS3/Xbox 360/Wii U/iOSに加え、同時発売でPS4/Xbox Oneが新たに加わっています。

『Disney Infinity』は2013年8月にリリースされたディズニーとピクサーのキャラクター達が登場するアクションアドベンチャーサンドボックスゲーム。実物のフィギュアと専用ボードを使い遊ぶのが特徴の作品で、フィギュアをボードの上に配置するとキャラクターとその世界観にまつわるゲーム「プレイセット」がプレイでき、また「トイボックス」と呼ばれるサンドボックスモードでは自由に世界を構築することが可能です。今回のアナウンスイベントではこの初代のスターターパックが300万本を売り上げたことも明らかにされました。

さて今年2月にも一部海外メディアにて報じられていたように、『Disney Infinity 2.0』にはアベンジャーズやガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーおよびそのヴィランなどマーベルキャラクターたちが参戦する予定。初代『Desney Infinity』のPS3/Xbox 360版から新たなコンソールへとセーブデータが移行可能で、また初代のキャラクターやパワーディスク、トイボックスなど全要素が2.0版へと引き継ぎ可能になると伝えられています。

スターターパックにはソー、ブラックウィドウ、アイアンマン3体のフィギュア、クリスタルシャードの欠片、ダンジョン探索とタワーディフェンスゲームモードを追加する2種類のディスクが収録。価格はまだ発表されていませんが、初代『Disney Infinity』は75ドルにてスターターパックが販売されていました。

■現在参戦が発表されている、および映像中で確認されたキャラクター
ホークアイ、ハルク、ブラックウィドウ、キャプテンアメリカ、ウィンターソルジャー、アイアンマン、アイアンパトリオット、ソー、ロキ、モードック、スパイダーマン、ロケットラクーン、グルート


マーベルの参戦により飛行できるキャラクターが増加したため、ゲームの舞台であるマンハッタン(アベンジャーズタワー含む)は前作よりも巨大化しており、プレイセットは前作から4倍に増大しているとのこと。キャラクターは移動だけでなく戦闘中にも飛行可能で、スーパージャンプしたり建物をよじ登ったりすることができるようです。2.0版ではキャラクターのレベルキャップは20に設定されており、スキルツリー型のインターフェイスからアップグレードやカスタマイズが実施できます。



サンドボックス型のトイボックスモードでは、建物の都市やダンジョン、レーストラックなどが自動生成で形作られ、さらにそれをプレイヤーがカスタマイズする新機能が追加。スターターパックに収録予定となっているダンジョン探索やタワーディフェンス2種類のゲームモードは「テンプレート」とも呼ばれており、プレイする毎に自動生成で異なるゲームを楽しむことが可能となるようです。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  2. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  5. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  6. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  7. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  8. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  9. 【対談】『にょきにょき』コンパイル〇仁井谷正充の人生―成功と失敗から再起

  10. 【プレイレポ】『めがみめぐり』“長音”や“スペル”も読めるの? 「めがみスピークエンジン」の実力に迫る! ―「俺のツクモの方が可愛い」で揉める編集者たち

アクセスランキングをもっと見る