人生にゲームをプラスするメディア

「モップ!柱時計!コショウ!」の『ダイナマイト刑事』が小説に ─ ノベライズ化が進むレトロゲームの数々

その他 全般

「モップ!柱時計!コショウ!」の『ダイナマイト刑事』が小説に ─ ノベライズ化が進むレトロゲームの数々
  • 「モップ!柱時計!コショウ!」の『ダイナマイト刑事』が小説に ─ ノベライズ化が進むレトロゲームの数々
  • 「モップ!柱時計!コショウ!」の『ダイナマイト刑事』が小説に ─ ノベライズ化が進むレトロゲームの数々
一二三書房は、ライトノベル層をターゲットにしたノベルレーベル「桜ノ杜ぶんこ」から、セガの人気アクションゲーム『ダイナマイト刑事』を原作とした小説「ダイナマイト刑事 BURNING 2020」を出版すると発表しました。

1996年に産声を上げた『ダイナマイト刑事』は、捜査における損害総額が140億ドルにものぼる「Mr.ダイナマイト」ことブルーノ・デリンジャーと、超エリート婦警シンディ・ホリデイが、モップから柱時計、そしてコショウまで、かなり幅広い解釈となる「武器」の数々を使いこなし、テロリストに立ち向かうアクションゲーム。

個性的なセンスが光る『ダイナマイト刑事』は、当時のゲーマーたちを魅了し、長く愛されるタイトルへと成長。また2012年には、プレイステーション2アーカイブスとしての配信も達成。今もなお、確かな人気と支持を受けるゲーム史に残る一作と言えるでしょう。

そんな『ダイナマイト刑事』の活躍はゲームの世界すら飛び越え、この夏に小説化を果たします。作中の時代は2020年。すでに退官の身となったブルーノ・デリンジャーが観光として訪れた東京に、世界的なテログループ『フェンリル』の魔の手が襲いかかります。香港生まれの刑事・サトウ・レイジとコンビを組み、彼らの野望に完全と立ち向かう「ダイナマイト刑事 BURNING 2020」。気になるその発売日は、5月5日となります。

どんな小説になるのか、気になって待ちきれないという方は、本作の紹介ページにて試し読みが可能となっているので、そちらに目を通してみるのも一興です。また今回の発表に合わせて、まさかのPVも制作。こちらも現在公開されているので、併せてチェックしてみてください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=7rToH0TD2QI

桜ノ杜ぶんこではこれまでにも、「いっき -LEGEND OF TAKEYARI MASTER-」「アトランチスの謎 -復活のザヴィーラ-」「スペランカー -不死身の勇者と王国の謎-」など、難易度の高さでも有名なファミコンタイトルのノベライズを数多く出版しています。また今年の1月には、徹底したおバカ路線で他の追従を許さないADVを原作とした「アイドル八犬伝 ~南の島と太陽と星~」もリリースしており、その意欲的な活動には目を見張るばかりです。

バーチャルコンソールやアーカイブスといった形で、往年の名作群にアクセスする手段が増えた昨今ですが、小説という形で「懐かしくも新しい」刺激を提案する手法も見逃す手はありません。これを機会に、「ダイナマイト刑事 BURNING 2020」はもちろんこと、その他の作品も手に取ってみてはいかがでしょうか。新たな体験となるのは、間違いないでしょう。

(C)SEGA
(C)2014 HIFUMI SHOBO Co., Ltd. All Right Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

    マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  2. 【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

    【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

  3. TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

    TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

  4. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチ予約開始、『ゼルダの伝説 BoW』は任天堂最後のWii Uタイトル、PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表…など(1/21)

  5. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  6. 【クイズ】GAMEMANIA!:ゲームのキャッチコピー特集 ― 『ワンダと巨像』と『MOTHER3』のキャッチコピーに共通するワードは?

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  10. 【特集】ゲームブックはオワコンなのか ― 「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来

アクセスランキングをもっと見る