人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo Direct】『スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』変身がなくなったサムスや新参戦キャラなどの特徴を一挙ご紹介

任天堂 Wii U

【Nintendo Direct】『スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』変身がなくなったサムスや新参戦キャラなどの特徴を一挙ご紹介
  • 【Nintendo Direct】『スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』変身がなくなったサムスや新参戦キャラなどの特徴を一挙ご紹介
  • 【Nintendo Direct】『スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』変身がなくなったサムスや新参戦キャラなどの特徴を一挙ご紹介
  • 【Nintendo Direct】『スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』変身がなくなったサムスや新参戦キャラなどの特徴を一挙ご紹介
  • 【Nintendo Direct】『スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』変身がなくなったサムスや新参戦キャラなどの特徴を一挙ご紹介
任天堂は、4月9日に実施した「大乱闘スマッシュブラザーズ Direct 2014.4.9」で、Wii U/3DSソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』に参戦するキャラクターの特徴を公開しました。

任天堂キャラクターや魅力的なゲストキャラが、作品の垣根を越えて集い、激しいバトルを繰り広げる『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』。多彩な参戦キャラクターが次々と明らかとなっており、プレイ意欲は高まるばかりと言えるでしょう。

そんな本作に登場するキャラクターの特徴が、「大乱闘スマッシュブラザーズ Direct」にていくつか明らかとなったので、こちらでまとめてみました。システムの変更により、大きく様変わりしたキャラクターなどもいるので、本作をプレイ予定の方はしっかりチェックしておきましょう。

◆今回判明したキャラクターの特徴



■サムス:変身がなくなったため、“ゼロレーザー”を使用してもスーツが崩れ落ちません。

■ゼロスーツサムス:ジェットブーツを使った体術を駆使し、スピードとパワーを兼ねたキックなども。

■ゼルダ:下必殺技がなくなり、攻防を兼ねた“ファントムアタック”が新たに追加。

■シーク:体術に磨きをかけ、新必殺技を携えて参戦。

■カービィ:“鬼ごろし火炎ハンマー”が追加され、最後の切りふだは“ウルトラソード”に。

■デデデ:威力の高いタマを連続で投げられる“ゴルドー投げ”に変化。

■ルカリオ:波導の力がアップし、ピンチになった際のパワーアップがより大きくなります。また“メガシンカ”も可能となっており、この状態になると波導が常にフルパワーに。

■ピクミン&オリマー:連れられるピクミンは3匹。引っこ抜けるピクミンは、赤→黄→青→白→紫→赤…の順番に。また復帰ワザは“羽ピクミン”。

■ピット:“滑空”が削除。ただし、その他の面がパワーアップ。最後の切りふだは“三種の神器”。

■ヨッシー:直立姿勢となり、蹴りや尻尾を駆使しての機敏なアクションが可能に。

■ロゼッタ&チコ:切り離して攻撃可能なチコの使い分けが鍵となります。切りふだは、星を連射する“パワースター”。

■リトル・マック:小柄ながらも強烈なパンチが魅力。突破力のある地上戦とは裏腹に、空中戦が泣き所。また、KOゲージが溜まるとワザが強力に変化。

■むらびと:横方向に強い“ハニワくんロケット”や、復帰にも最適な“バルーントリップ”など。

■ロックマン:お馴染み“チャージショット”や“スパークショット”など多彩なワザを用意。また切りふだでは、様々な「ロックマン」が結集する夢の共演が。

■Wii Fit トレーナー:自己強化の“複式呼吸”と、タメを維持できる飛び道具“太陽礼拝”がポイント。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


数多くのキャラクターが参戦する『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』。今後、どんな驚きの特徴が明かされるのか、続報が待ち遠しいばかりです。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』は2014年夏に、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は2014年冬に発売予定。価格は未定です。

(C)2013 Nintendo
Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Poke'mon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  6. 『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン「ミミッキュ」公開…布に隠された中身を見た者は「謎の病」を患い苦しむ

  7. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  10. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

アクセスランキングをもっと見る

page top