人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、平成26年3月期の業績予想を修正・・・モバイルコンテンツで特損を計上

ゲームビジネス その他

カプコンは、平成26年3月期の特別損失の計上と業績予想の修正を発表しました。

平成26年3月期 連結業績予想を、売上高を970億から1015億、営業利益を120億から100億、経常利益を117億から105億、当期純利益を68億から33億に修正しました。

連結業績予想の修正は、3月31日開催の取締役会において、最近の業績動向等を踏まえて決議されました。また、現時点でモバイルコンテンツ等が成果を生み出すまでには至っていないことから、事業構造改善費用等の特別損失を連結で約50億円、個別で約43億円計上する見込とのことです。

連結業績予想の修正の理由ですが、売上高は、家庭用ゲームソフト『モンスターハンター 4』や、パチスロ機「モンスターハンター月下雷鳴」などが好調に推移したため、当初予想を上回る見込みとしています。利益面では、収益性の高いモバイルコンテンツが軒並み苦戦しています。これに加え、オンラインゲーム『モンスターハンター フロンティア G』等が軟調に推移し、利益率が低下。こうしたことから、営業利益および経常利益は、当初予想を下回る見込みとなりました。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

    スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  6. 「管コレ」を手かげるマッドサイエンティストJHに突撃インタビュー!その思想と原点を訊いた(前編)

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  9. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  10. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

アクセスランキングをもっと見る

page top