人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール3月26日配信タイトル ― 『ファイナルファンタジーV』『忍者龍剣伝』の2本

任天堂 Wii U

ファイナルファンタジーV
  • ファイナルファンタジーV
  • ジョブとアビリティの組み合わせで自由なキャラクター育成
  • 忍者龍剣伝
  • リュウ・ハヤブサが活躍する『NINJA GAIDEN』シリーズの原点
任天堂は、3月26日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

3月26日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、スーパーファミコンソフト『ファイナルファンタジーV』と、ファミコンソフト『忍者龍剣伝』の2作品です。


◆ファイナルファンタジーV



配信予定日:2014年3月26日
価格:900円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1992年12月6日
発売元:スクウェア(現・スクウェア・エニックス)
ジャンル:RPG

『ファイナルファンタジーV』は、1992年にスクウェア(現・スクウェア・エニックス)よりスーパーファミコンソフトとして発売された、人気RPG『ファイナルファンタジー』シリーズの第5作です。チョコボと共に世界を旅する主人公がある日隕石の落下に遭遇。「ガラフ」「レナ」「ファリス」の3人とともに、世界の命運とクリスタルを巡る壮大な戦いに巻き込まれていきます。

『III』に登場した「ジョブ(職業)システム」が更に進化して登場する本作では、個性的なジョブが多数登場し、それぞれ「アビリティ」を覚えることができます。覚えた「アビリティ」は他のジョブにひとつだけセットすることができるので、「回復の白魔法を使えるナイト」や、「かくとうによって素手て戦う黒魔道士」など、プレイスタイルに合わせてバトルに挑むことができます。

(C)1992 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


◆忍者龍剣伝


配信予定日:2014年3月26日
価格:500円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1988年12月9日
発売元:テクモ(現・コーエーテクモゲームス)
ジャンル:アクション

『忍者龍剣伝』は、1988年にテクモ(現・コーエーテクモゲームス)よりファミコンソフトとして発売された横スクロールアクションゲームです。主人公「リュウ・ハヤブサ」が活躍する本作の英題は『NINJA GAIDEN』で、現在も続く『NINJA GAIDEN』シリーズの原点にあたります。尚、ファミコン版『忍者龍剣伝』は、アーケード版『忍者龍剣伝』の移植作ではありません。

「壁蹴りジャンプ」を駆使して進む場所など、忍者らしい素早いアクションも魅力。パワーアップアイテムによる4種類の忍術の使い分けて、歯応えのあるステージを攻略していきましょう。「テクモシアター」と呼ばれるビジュアル演出により、当時のアクションゲームとしては珍しい重厚なストーリーの描かれ方にも注目です。

(C)1988 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』いよいよ本日から先行試射会が開催!覚えておきたい情報まとめ

    『スプラトゥーン2』いよいよ本日から先行試射会が開催!覚えておきたい情報まとめ

  2. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

  3. 『スプラトゥーン2』先行試射会で使えるブキ4種を発表、ローラーやマニューバーなど─操作方法に関する変更も

    『スプラトゥーン2』先行試射会で使えるブキ4種を発表、ローラーやマニューバーなど─操作方法に関する変更も

  4. 『スプラトゥーン2』ではジャイロ感度も設定可能に、オプション画面の画像が公開

  5. 4月からも『星のカービィ』25周年イベントが盛りだくさん!東急ハンズ・東京駅・ヤマシロヤで3イベントが開催

  6. 『スプラトゥーン2』ジェットパックやスーパーチャクチなどの特徴が判明! 先行試射会に先駆けチェックしよう

  7. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  8. 発売から約17年…『ドンキーコング64』で新たな隠しコインが発見!

  9. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  10. FC版『マイクタイソン・パンチアウト!!』30年越しの裏ワザ発見か!?ある“一撃必殺テク”が話題に

アクセスランキングをもっと見る