人生にゲームをプラスするメディア

【BitSummit 14】2DファンタジスタのPS4向け『フロック(仮称)』は不思議な世界に触れるシューティング

ソニー PS4

ブースの様子
  • ブースの様子
  • ブースの様子
  • フロック(仮称)
  • フロック(仮称)
京都のみやこめっせで開催されているBitSummit MMXIV。2DファンタジスタはPlayStation 4向け『フロック(仮称)』を展示していました。

2Dファンタジスタは、サイバーコネクトツーで東京スタジオ代表などを務めた渡辺雅央氏が立ち上げたスタジオで、これまでに『タップ・シーフ・ストーリー』『瓦割り!』(いずれもiPhone)をリリースしてきました。

初の家庭用ゲーム機向けタイトルとなる『フロック(仮称)』は空を飛ぶような浮遊感を味わえる、あえてジャンルで分類するなら"シューティング"と呼ばれる作品。画面上にHUDは一切ありません。何かに急き立てられることもなく、透き通るような美しい世界に浸れます。





渡辺氏は「今までは家庭用ゲーム機で、がちがちのゲームを作ってきたのですが、今回は"ゲームっぽい何か"くらいのゆるい、"なにこれ?"と触って貰えるようなゲームを目指しました」とのこと。物語もあるものの、あまり説明せず、『風ノ旅ビト』のように、ユーザー自身が世界に触れて感じて貰うことを望んでいるようでした。

開発は渡辺氏を含め数名で進められていて、夏ごろのリリースを予定しているそうです。プラットフォームはPlayStation 4で、PlayStation Vitaも「検討するかもしれない」とのこと。ソニーからは開発面で良好なサポートが得られているといい、他のプラットフォームでの発売はなさそうです。ゲームエンジンはUnityながら、ソニー製のPhyreEngineに移行することも検討していると話していました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『地球防衛軍5』はどこが進化し、『しあわせ荘の管理人さん。』はなぜこのグラフィックで、『スクールガールゾンビハンター』はなぜ服が破けるのか

    【インタビュー】『地球防衛軍5』はどこが進化し、『しあわせ荘の管理人さん。』はなぜこのグラフィックで、『スクールガールゾンビハンター』はなぜ服が破けるのか

  2. 【PS3 DL販売ランキング】『ペルソナ5』首位浮上、『うたわれるもの 二人の白皇』初登場3位ランクイン(9/27)

    【PS3 DL販売ランキング】『ペルソナ5』首位浮上、『うたわれるもの 二人の白皇』初登場3位ランクイン(9/27)

  3. 『FFXIV』大型アップデート“魂を継ぐ者”公開! 冒険やバトル、ハウジングなど多彩な楽しみを用意

    『FFXIV』大型アップデート“魂を継ぐ者”公開! 冒険やバトル、ハウジングなど多彩な楽しみを用意

  4. キャラのパンツは毎日変わる!?『夏色ハイスクル』の学園生活について、理事長にインタビューした

  5. 『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』 発表会が開催―ゲーム紹介から出演者によるトークショーまで

  6. 『テイルズ オブ ベルセリア/ゼスティリア』25%OFFセールがPS Storeで開催中、TVアニメ「ゼスティリア ザ クロス」第2期決定記念として

  7. コーエーテクモ『DOA5LR』のセール実施―『DOA』シリーズ生誕20周年を記念して

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 「PlayStation VR」3次予約受付開始―これが最後の予約チャンス

  10. 【TGS2016】『FFXIV』吉田直樹と室内俊夫が“パッチ3.4”の詳細に迫る! 「冒険者小隊は『FFT』の“ほりだしもの”」

アクセスランキングをもっと見る

page top