人生にゲームをプラスするメディア

『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版

ソニー PS3

『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
  • 『ひぐらしのなく頃に粋』は、ラノベ約30冊分のテキストと全キャラフルボイスで送る完全版
加賀クリエイトは、PS3/PS Vitaソフト『ひぐらしのく頃に粋』の最新情報と映像を公開しました。


PC向けの同人ソフトとして2002年にデビューを果たした『ひぐらしのなく頃に』シリーズは、「雛見沢村」で起きた怪奇事件を軸とする物語を描くアドベンチャーゲームです。選択肢により様々なストーリーへと分岐し、複数人の視点を通してこの村で起こる怪奇事件を読み解くことになります。その刺激的な展開に多くのユーザーが惹かれ、2007年にはPS2に、2008年にはニンテンドーDSにリリースされ、累計販売本数40万本を超えるヒットを記録しました。

アニメや漫画、小説に実写映画化など、多岐に渡る活躍を見せた『ひぐらしのなく頃に』。家庭用ゲームソフトとしても、これまで全19編ものシナリオが登場しました。そして、この19編のシナリオ全てを収録し、全編フルボイス化を実現した「完全版」とも言える『ひぐらしのなく頃に粋』が、来年3月にPS3とPS Vitaにリリースされます。


もちろん本作の見どころは、19編のシナリオとフルボイスだけではありません。シリーズファンが気になる本作の注目点や、興味はあるけどまだ遊んだ事がない方に向ける本作の概要やキャラクター紹介などを含め、こちらでまとめてみました。

物語を進める事により数々の謎が残り、それらの謎が最後に繋がる意外性と感動。本作が持つそんな魅力を開花させる上で欠かせない数々の情報と、完全版となる嬉しい新要素の詳細をしっかりチェックしてみてください。また、過去の家庭用ゲーム機版のオープニングを飾ったムービーを高解像度化し、ロゴの変更を加えた2本の映像も公開されているので、そちらも併せてどうぞ。

◆『ひぐらしのなく頃に粋』注目ポイント



■1.他のADV作品を圧倒する、大ボリュームのシナリオとグラフィック。イベントCG:200枚以上 テキスト量は一般ライトノベルの約30冊分、総クリア時間は200時間を超える!?

■2.本編はもちろん、サブシナリオ(TIPS)までも全キャラフルボイス化。

■3.演出内容を見直し。ギャグorシリアスな場面の臨場感をさらに強化。

■4.画面構成・解像度をプラットフォームに合わせ最適化。大幅に向上しました。そして クロスセーブにも対応予定! 家の中では大画面でPS3版。そのセーブデータをVitaで持ち出して、外出先で続きを楽しめる! いつでもどこでもひぐらしワールドに浸れます。

■5.ドラマCDで好評を博した竜騎士07先生書き下ろしのおまけシナリオ 「羞晒し編」を新規にゲーム化。 各キャラの水着CGも追加されています。

■6.あなたの「ひぐらし」知識を問う「読飛し機能」を新たに搭載。 出題されるクイズの正解率に応じて、好きなシナリオを自由にプレイ可能。

■7.楽曲は歴代の「ひぐらし」シリーズの主題歌・挿入歌を全収録。さらに新曲は志倉千代丸氏書き下ろしの2曲に加え、原作のdai氏作曲の1曲を追加。

・BGM:100曲以上
・歌入り楽曲:全16曲(新曲含む)
1)嘆きノ森(PS2/彩音)
2)コンプレックス・イマージュ(PS2/彩音)
3)escape(PS2/いとうかなこ)
4)Friend(PS2/いとうかなこ)
5)その先にある、誰かの笑顔の為に(ひデブ/彩音)
6)追想のディスペア(DS1巻/いとうかなこ)
7)プレイス・オブ・ピリオド(DS2巻/諫山実生)
8)光の空のクオリア(DS3巻/Cyua)
9)漆黒の祭壇(DS3巻/Verforest)
10)Angelic Bright(DS4巻/彩音)
11)ただ流るるままに(DS4巻/彩音)
12)you(原作/癒月)
13)そらのむこう(原作/結月そら)
14)新曲1
15)新曲2
16)新曲3

◆プロローグ



昭和58年初夏。 例年よりも暑さの訪れの早い今年の6月は、昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱を楽しませてくれた。ここは都会から遠く離れた山奥にある寒村、通称“雛見沢村”。人口2千に満たないこの集落で、それは毎年起こる。

―― 雛見沢村連続怪死事件 ――
毎年6月の決まった日に、1人が死に、1人が消える怪奇。
巨大ダム計画を巡る闘争から紡がれる死の連鎖。
隠蔽された怪事件、繰り返される惨劇。
陰謀か。偶然か。それとも――祟りか。
いるはずの人間が、いない。いないはずの人間が、いる。
昨夜出会った人間が、生きていない。そして死んだはずの人間が、生きている。
惨劇は不可避か。屈する他ないのか。
でも屈するな。
運命は、その手で切り開け。

◆ゲームの全体構成・進め方



全体構成は四つのグループに分かれ、それぞれを統括するひとつの資料・視点を出発点として複数のシナリオが展開します。

(例)
第一部:「大石蔵人」の視点から、彼の作成した資料「興宮警察署事件調書」をもとに下記のシナリオが展開。
・鬼隠し(初回はこのシナリオのみプレイが可能です)
・綿流し
・祟殺し
・染伝し
・盥回し
・憑落し
上記シナリオを一定数クリアすると、グループ内のエピローグがプレイ可能になります。エピローグが終了すると、次のグループのプロローグへの道が開かれ、新たな資料が登場。異なる人物の視点によるシナリオがプレイできるようになります。さらに、四つのグループにある全てのシナリオを見終わった人には、また新たなシナリオへの入口が……!?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



・嘆きノ森編 YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=vgX5BsEL_lQ


・コンプレックス・イマージュ編 YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=riFEsWdZJfg

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

    『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

  2. 『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

    『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

  3. 「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

    「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

  4. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』PV公開、初公開のイベントや「Es」のバトルをチェック

  5. 『テイルズ オブ ベルセリア』聖寮の新キャラや秘奥義などを一挙公開、DLC画像もお届け

  6. 【PS4 DL販売ランキング】『バトルフィールド 4』連続首位、『初音ミク Project DIVA Future Tone』初登場ランクイン(6/29)

  7. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  8. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  9. 『アイマス プラチナスターズ』新たなゲームシステムからイベント情報まで一挙判明! DLCや新CDなどの展開も

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top