人生にゲームをプラスするメディア

ソニー、平成26年3月期 第3四半期決算を発表 ― ゲーム分野はPlayStation 4の貢献により増収

ゲームビジネス その他

ソニーは、平成26年3月期 第3四半期決算(米国基準)を発表しました。

売上高及び営業収入5兆9010億1700万円(前年同期比 16.4%増)、営業利益1414億5300万円(前年同期比 70.5%増)、税引前四半期純利益1419億8600万円(前年同期比 142.7%増)、株主に帰属する四半期純利益111億7200万円となりました。

あわせて、連結業績予想を修正しています。連結営業利益については、2013年10月時点での想定を900億円下回る800億円となる見込みです。これは、IP&S分野、ゲーム分野、音楽分野、及び金融分野で想定を上回る見込みであるものの、MP&C分野、HE&S分野、及びデバイス分野で想定を下回る見込みであること、ならびに資産売却の計画を見直したことからです。

税引前利益は、営業利益見通しが10月時点の想定を下回る見込みであることに加え、為替差損が想定よりも増加する見込みであることなどにより、10月時点の想定から1,000億円下回り、800億円になる見込みです。株主に帰属する当期純損益については、主に、税引前利益見通しが10月時点の想定を下回ること、及び非支配持分に帰属する当期純利益が10月時点の想定を上回ることから、10月時点の想定から1,400億円悪化する1100億円の損失となる見込みとなっています。

第3四半期決算短信では、売上高及び営業収入の増収は、主に為替の好影響、「プレイステーション 4」の発売、及びスマートフォンの大幅な増収によるものとのことです。営業利益の増益は、主に為替の好影響、ホームエンタテインメント&サウンド分野での大幅な損益改善、「プレイステーション 4」の発売があったゲーム分野での大幅な増益、及び金融分野の大幅な増益によるものとしています。ゲーム分野の売上高は、前年度比64.6%増加し、4418億円となっています。前年同期に比べ「プレイステーション 3」ハードウエアの販売台数が大幅に減少するも、北米、欧州、中南米における 「プレイステーション 4」の発売及び為替の好影響などにより、分野全体では大幅な増収となっています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

    「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

  2. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. セガとLINEが提携、6億ダウンロードの「LINE GAME」でミッドコアジャンルでの新たなヒット創出を目指す

  5. 「Gear VR」4月の利用者数が100万人突破…映像コンテンツが人気

  6. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  9. VRへの飽くなき追求…Valveが生み出した「HTC Vive」の開発舞台裏映像が公開

  10. VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

アクセスランキングをもっと見る

page top