最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
通学中に事故死の可能性アリ! ─ 謎めくブラウザゲーム『単位落としシミュレーター』、最終手段は「教授を燃やす」

通学中に事故死の可能性アリ! ─ 謎めくブラウザゲーム『単位落としシミュレーター』、最終手段は「教授を燃やす」

2014年2月6日(木) 21時13分
  • 『単位落としシミュレーター』サイトショットの画像
    『単位落としシミュレーター』サイトショット

今、ネットの一部で話題になっているブラウザゲーム『単位落としシミュレーター』。あなたは、もう触ってみましたか?

その目的は非常にシンプルで、単位を修得するために登校する。ただそれだけですが、このゲームの登校には「今日の登校成功率」なるものが表示されており、これは文字通り登校が成功する確率を示しています。つまり、失敗すると…死んでしまうのです。

本作のシステムや特徴に関しては、Q&Aが公開されているので、まずはそちらをご覧下さい。質問に対する答えを読むだけで、ゲームの目的やその主旨、そしてこのゲームが持ち合わせるセンスなどが伺えることと思います。

◆『単位落としシミュレーター』 Q&A

Q.何をするゲームなの?
A.2週間サイクルくらいで単位をかき集めてください。

Q.どうしたらいいの?
A.死なない程度に学校へ行ってください。

Q.どうしたら死ぬの?
A.疲れが溜まり過ぎると死にます。単位を落としすぎると死にます。通学途中に事故死することもあります。

Q.死亡パターンいくつあるの?
A.ver3.12現在の死亡パターンは34種類です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

このQ&Aで分かる通り、単位修得のためには登校しなければいけませんが、登校には成功率があり、運が悪いと死亡。また登校すると疲れが溜まり、こちらが限界を超えても死亡します。死と隣り合わせの青春なのです。

ちなみに登校成功率は主に天気で左右されるらしく、晴れの日は概ね95%を超え、天候が崩れると成功率も低下。台風の時には、38%ほどになったこともあります。また登校を繰り返すと、一度に入手できる単位数や疲れの最大値が増えますが、一度に疲れる量も増加。最初は1回の登校につき35しか増えなかった「疲れ」が、続けていくことであっさりと3桁に突入。

その頃には最大値もかなり上がっていますが、数字が大きくなっていくので、うっかりするとあっさり限界を超えます。ちなみに筆者はこのパターンで死亡し、「死因:エクストリーム過労」との結果をいただきました。なお死亡した際に、死因や単位習得数、プレイ日数などを、自身のTwitterアカウントでつぶやくことができるので、友達同士でお互いの結果を見比べてみるのも面白そうです。

ちなみに、登校せずに単位をもらう唯一にして最大の方法として、「教授を燃やす」というアクションを取ることも可能です。なお筆者が燃やしてみたところ、疲労度が跳ね上がって限界を超えました。教授は燃やすものじゃない。この教訓を、実生活にも活かしたいと思います。

(C) 2014 RedMuffleR

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

ソーシャル・オンラインゲームアクセスランキング