人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスHD、平成26年3月期 第3四半期決算を発表 ― 『新生FFXIV』が販売・運営共に順調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期 第3四半期決算を発表しました。

売上高1024億7300万円(前年同期比 0.3%減)、営業利益78億1500万円(前年同期は、48億5300万円の営業損失)、経常利益99億9100万円(前年同期は、42億100万円の経常損失)、純利益51億7900万円(前年同期は、57億4500万円の純損失)となりました。

スクウェア・エニックス・ホールディングスでは、欧米における家庭用ゲーム機向けソフト市場の競争激化・上位集中が進む一方で、スマートフォン、タブレットPC等のスマートデバイスが急速に普及するなどの環境変化を踏まえて、事業構造・組織体制の改革を進め、収益性を改善する取り組みを進めていくとのことです。

デジタルエンタテインメント事業は、北米での家庭用ゲーム機向けソフトウェアのディストリビューション販売が好調となっています。また、8月に運営を開始した多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のソフトウェア販売も好調に推移。運営も順調に推移しているとのことです。ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』は引き続き堅調に推移、スマートフォン向けゲーム『拡散性ミリオンアーサー』は、PlayStation Vita版へのプラットフォーム拡大に加え、韓国に続き、台湾・中国本土でもヒットするなど、順調に推移しています。

アミューズメント事業では、8月発売の『ロード オブ ヴァーミリオンIII』、11月発売の『グルーヴコースター(アーケード版)』等のアミューズメント機器の販売が好調推移。アミューズメント施設運営は効率的な店舗運営に努めていることから、堅調に推移しているとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. 【グリーカンファレンス2012】中国市場で「地雷」を踏まないために ― 『Hoolai三国』のトップが語る

  10. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

アクセスランキングをもっと見る