人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスHD、平成26年3月期 第3四半期決算を発表 ― 『新生FFXIV』が販売・運営共に順調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期 第3四半期決算を発表しました。

売上高1024億7300万円(前年同期比 0.3%減)、営業利益78億1500万円(前年同期は、48億5300万円の営業損失)、経常利益99億9100万円(前年同期は、42億100万円の経常損失)、純利益51億7900万円(前年同期は、57億4500万円の純損失)となりました。

スクウェア・エニックス・ホールディングスでは、欧米における家庭用ゲーム機向けソフト市場の競争激化・上位集中が進む一方で、スマートフォン、タブレットPC等のスマートデバイスが急速に普及するなどの環境変化を踏まえて、事業構造・組織体制の改革を進め、収益性を改善する取り組みを進めていくとのことです。

デジタルエンタテインメント事業は、北米での家庭用ゲーム機向けソフトウェアのディストリビューション販売が好調となっています。また、8月に運営を開始した多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のソフトウェア販売も好調に推移。運営も順調に推移しているとのことです。ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』は引き続き堅調に推移、スマートフォン向けゲーム『拡散性ミリオンアーサー』は、PlayStation Vita版へのプラットフォーム拡大に加え、韓国に続き、台湾・中国本土でもヒットするなど、順調に推移しています。

アミューズメント事業では、8月発売の『ロード オブ ヴァーミリオンIII』、11月発売の『グルーヴコースター(アーケード版)』等のアミューズメント機器の販売が好調推移。アミューズメント施設運営は効率的な店舗運営に努めていることから、堅調に推移しているとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  2. スクエニ「ヴィジュアルワークス」企画展が3月26日より開催…映像作品ダイジェストや制作工程を公開

    スクエニ「ヴィジュアルワークス」企画展が3月26日より開催…映像作品ダイジェストや制作工程を公開

  3. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

    グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  4. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  5. NHK「クローズアップ現代+」でVR特集 ― 吉田修平や原田勝弘が出演

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  8. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  9. ソフトバンク、スーパーセルを中国テンセントに売却で合意間近と報道

  10. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

アクセスランキングをもっと見る

page top