人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスHD、平成26年3月期 第3四半期決算を発表 ― 『新生FFXIV』が販売・運営共に順調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期 第3四半期決算を発表しました。

売上高1024億7300万円(前年同期比 0.3%減)、営業利益78億1500万円(前年同期は、48億5300万円の営業損失)、経常利益99億9100万円(前年同期は、42億100万円の経常損失)、純利益51億7900万円(前年同期は、57億4500万円の純損失)となりました。

スクウェア・エニックス・ホールディングスでは、欧米における家庭用ゲーム機向けソフト市場の競争激化・上位集中が進む一方で、スマートフォン、タブレットPC等のスマートデバイスが急速に普及するなどの環境変化を踏まえて、事業構造・組織体制の改革を進め、収益性を改善する取り組みを進めていくとのことです。

デジタルエンタテインメント事業は、北米での家庭用ゲーム機向けソフトウェアのディストリビューション販売が好調となっています。また、8月に運営を開始した多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のソフトウェア販売も好調に推移。運営も順調に推移しているとのことです。ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』は引き続き堅調に推移、スマートフォン向けゲーム『拡散性ミリオンアーサー』は、PlayStation Vita版へのプラットフォーム拡大に加え、韓国に続き、台湾・中国本土でもヒットするなど、順調に推移しています。

アミューズメント事業では、8月発売の『ロード オブ ヴァーミリオンIII』、11月発売の『グルーヴコースター(アーケード版)』等のアミューズメント機器の販売が好調推移。アミューズメント施設運営は効率的な店舗運営に努めていることから、堅調に推移しているとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

    日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  3. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

    バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  4. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  7. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  8. 『うたプリ』公式、二次創作グッズ制作・取引に対しツイッターで警告

  9. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

  10. 【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに

アクセスランキングをもっと見る

page top