人生にゲームをプラスするメディア

任天堂株、暴落でスタートも終値は900円安まで戻す

ゲームビジネス 市場

写真提供: Getty Images
  • 写真提供: Getty Images
17日に任天堂が発表した今期の業績予想の大幅下方修正を受け、米国のADR市場で17%もの下落になったことを受け、週明けの東京市場でも任天堂株が乱高下の展開となりました。

20日は大幅な売り気配でスタートし、寄り値は前日終値より2700円安の11,945円。しかしその後はジワジワと回復していき、終値は900円安(-6.15%)の13,745円まで戻しました。

任天堂株は売買代金も全上場企業トップの約1389億円となりました。

任天堂は30日に中長期戦略を発表する経営方針説明会を開催する予定で、今後はそれを待つような展開となりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

    スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

  2. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  3. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  8. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  9. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  10. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

アクセスランキングをもっと見る

page top