人生にゲームをプラスするメディア

目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開

任天堂 Wii U

目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
  • 目を奪われそうな美麗な世界を、映像で実感しよう ─ 『トライン2 三つの力と不可思議の森』紹介映像を公開
任天堂は、Wii Uダウンロードソフト『トライン2 三つの力と不可思議の森』の紹介映像を公開しました。

美麗なグラフィックやエフェクトで味わう世界観演出による没入感と、心地よい操作性で立ち向かう謎解きアクションがもたらすプレイ体験が楽しめる『トライン2 三つの力と不可思議の森』は、海外でも高い評価を受けており、期待しているユーザーも多いことと思いますが、その配信がいよいよ来週へと迫りました。

騎士、盗賊、魔法使いの3人を使い分け、敵を倒し仕掛けを乗り越えていく本作ですが、謎を解く方法はひとつだけでなく、複数の解法が用意されているのも特徴的であり、個々のユーザーが導き出す答えの自由性を幅広く受け止めてくれます。

そんな懐の深さに負けぬ魅力を放つ、絵画的とも言える美しいこの世界を動画で満喫できる紹介映像が、このたび公開となりました。きめ細やかに作り込まれた世界を突き進む様子から、成長要素や協力プレイ要素など、多彩なアピールポイントも紹介されているので、前作ファンはもちろんのこと、本作を新たに知り興味を持ったユーザーの方も、この映像をチェックしてみてください。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=xXGkeqspFb8

また本作は、幅広く楽しむだけでなく、Game Padのみによるプレイにも対応しており、一人でじっくりと遊ぶスタイルにも適しています。魔法、剣、弓矢という、それぞれの「英雄の力」を使いこなし、あらゆる困難を様々な手段で乗り越える冒険に出かけてみてはいかがですか。

『トライン2 三つの力と不可思議の森』は、2014年1月22日配信開始。価格は、1,800円(税込)です。

(C)2011-2013 Frozenbyte Oy.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

    中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

  2. 『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

    『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

  3. 『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

    『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

  4. 任天堂がVRへの取り組みについてコメント…NXやゼルダ、自社IP映画の情報も

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

  7. 『スプラトゥーン』ついに“最後のフェス”が7月22日から開催、テーマは「アオリ vs ホタル」!

  8. 『ポケモン』中国語名称を巡り改名騒動、日本領事館付近でデモ

  9. 『スプラトゥーン』“ラストフェス”Tシャツ発売決定!イカベーダーCAPやギアパワー缶バッジBOXセットも

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

page top