人生にゲームをプラスするメディア

『真・女神転生デビルチルドレン 黒の書』『赤の書』3DS VCに登場 ― アニメ化もされた『デビチル』シリーズの原点

任天堂 3DS

真・女神転生デビルチルドレン 黒の書
  • 真・女神転生デビルチルドレン 黒の書
  • 主人公は「甲斐刹那」、パートナーは「ケルベロス」
  • 真・女神転生デビルチルドレン 赤の書
  • 主人公は「要未来」、パートナーは「グリフォン」
アトラスは、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにゲームボーイカラーソフト『真・女神転生デビルチルドレン 黒の書』と『真・女神転生デビルチルドレン 赤の書』を配信します。

『真・女神転生デビルチルドレン 黒の書』および『赤の書』は、アトラスより2000年にゲームボーイ(ゲームボーイカラー対応)で発売されたRPGです。『真・女神転生』シリーズの派生作品で『デビルチルドレン』シリーズの第1作にあたります。『黒の書』と『赤の書』は、世界観は共通していますが、主人公やパートナーとなるデビル、ストーリー展開などが異なります。発売当時はアニメや漫画など、さまざまな形でメディア展開され話題となりました。

それぞれの主人公は、『黒の書』が男の子「甲斐刹那(カイセツナ)」、パートナーのデビルは「ケルベロス」、『赤の書』が女の子「要未来(カナメミライ)」、パートナーのデビルは「グリフォン」です。世界的な経済不況や、地球規模の異常気象に見舞われた世界を舞台に、ある日、ポケットパソコン「ヴィネコン」と、デビルを自由に操れる銃「デビライザー」を手にするところから物語が始まります。

グラフィックはかわいくディフォルメ化されているものの、基本的なシステムは『真・女神転生』シリーズを踏襲しています。フィールド移動は見下ろし型となっています。悪魔と交渉して「仲魔」を増やしたり、「仲魔」同士を合体させてより強力な「仲魔」を作り出す「合体」などのシステムも収録。また、まれに発生する「合体事故」によって珍しい「仲魔」が手に入ることもあります。より強力な「仲魔」を従えて冒険を進めましょう。

世界観は共通していますが、『黒の書』『赤の書』それぞれの主人公に待ち受けている物語も異なります。魔界へと旅だった主人公に待ち受ける物語の結末はどのようなものなのでしょうか。

当時プレイした人はもちろん、プレイしたことがない人も、『デビルチルドレン』シリーズの原点を3DSで改めてプレイしてみてはいかがでしょうか。

『真・女神転生デビルチルドレン 黒の書』は、2013年11月13日配信開始予定で価格は600円(税込)です。

『真・女神転生デビルチルドレン 赤の書』は、2013年11月13日配信開始予定で価格は600円(税込)です。

(C)Index Corporation 2000,2013. Produced by ATLUS
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スーパーマリオラン』にはルイージやヨッシーも登場!ゲーム紹介&ティザー映像が公開

    『スーパーマリオラン』にはルイージやヨッシーも登場!ゲーム紹介&ティザー映像が公開

  2. 『モンハン ダブルクロス』最新映像で“レンキンスタイル”の勇姿に迫る! 「ドリフターズ」や「SHOW BY ROCK!!」とのコラボも

    『モンハン ダブルクロス』最新映像で“レンキンスタイル”の勇姿に迫る! 「ドリフターズ」や「SHOW BY ROCK!!」とのコラボも

  3. 3DS『めがみめぐり』発売・配信開始、サンタやナマハゲなど期間限定衣装・イベントの情報も

    3DS『めがみめぐり』発売・配信開始、サンタやナマハゲなど期間限定衣装・イベントの情報も

  4. 『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

  5. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  6. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

  7. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

  8. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

  9. Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

  10. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top