人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール11月6日配信タイトル ― 『クロックタワー』『ドンキーコング3』の2本

任天堂 Wii U

クロックタワー
  • クロックタワー
  • マルチエンディングを採用したホラーアドベンチャーゲーム
  • ドンキーコング3
  • これまでのシリーズとは一味違うシューティングゲーム
任天堂は、11月6日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

11月6日より配信開始となるタイトルは、スーパーファミコンソフト『クロックタワー』とファミコンソフト『ドンキーコング3』の2作品です。

『クロックタワー』は、ヒューマン(現在、同タイトルはサンソフトが権利を取得)より1995年にスーパーファミコンで発売されたホラーアドベンチャーゲームです。主人公である少女「ジェニファー」が、孤児院の先生や友人と共に、養女としてとある屋敷を訪れるところから物語が始まります。しかし、響き渡る悲鳴とともに姿を消してしまった友人たち。ジェニファーは1人、広く薄暗い屋敷の中をさまよいながら探索することになってしまいます。屋敷ではさまざまな危機が待ち受けており、突然現れ襲いかかる巨大なハサミを持った男「シザーマン」など、非力なジェニファーは逃げたり隠れたりすることしかできません。ジェニファーは無事に屋敷の謎を解き、脱出することはできるのでしょうか。ゲームの進め方によって物語の結末が変化することも特徴です。


『ドンキーコング3』は、任天堂より1984年にファミコンで発売されたシューティングゲームです。同名のアーケードゲームを移植したタイトルで、それまでの『ドンキーコング』シリーズとは全く異なるジャンルになっています。プレイヤーは主人公「スタンリー」を操作し、「フラワーパーク」を襲ってきた「ドンキーコング」や昆虫たちを撃退するのが目的です。スプレーを駆使して「フラワーパーク」を守りましょう。


■スーパーファミコン
クロックタワー 800円(税込)

■ファミコン
ドンキーコング3 500円(税込)

(C)SUNSOFT
(C)1984 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  3. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

    出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  4. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  5. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  6. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  7. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  8. 最強女子は誰だ!? アニメイト池袋本店で『スプラトゥーン』大会を実施

  9. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  10. 『メトロイドプライム フェデレーションフォース』「ブラストボール」が遊べる体験版を配信、引き継ぎやネット対戦も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top