人生にゲームをプラスするメディア

『どうぶつの森』シリーズ次回作は構想段階 ― 対象プラットフォームは未定

任天堂 3DS

『とびだせ どうぶつの森』パッケージ
  • 『とびだせ どうぶつの森』パッケージ
  • 『どうぶつの森』シリーズ次回作は構想段階 ― 対象プラットフォームは未定
『どうぶつの森』シリーズ次回作は、すでに計画段階に入っていることが明らかになりました。

これは同シリーズのプロデューサー江口勝也氏が海外メディア「EDGE」のインタビューで語ったもので、現在はまだ具体的な方向性は決まっておらず、構想の段階であるということです。ニンテンドー3DS向けにするのか、それともWii Uでリリースするのか、まずはターゲットとなるハードウェアを決定し、そのあとそのプラットフォームで実現できる要素について考えていくことになる。ハードが決定されない限りは方向性も決まらないと説明しています。

今の段階では特に報告できるようなことはないようですが、対象プラットフォームに関しては今後比較的早い時期に情報が出てきそうですね。次回作の『どうぶつの森』が、どのようなゲームになるのか、今後の展開に期待したいところです。

(C) Ninendo
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

    今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

  2. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

    『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  3. 【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

    【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  6. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  7. 宮城県、被災地誘客のため『ポケモンGO』予算3000万を計上 ─ イベントや地域限定ポケモンなど

  8. 『ポケモン サン・ムーン』新システム「ポケリフレ」でポケモンたちとより仲良く!服の染色もできる着せ替え要素も公開

  9. DSi/LL向け「ニンテンドーDSiショップ」サービス終了が決定

  10. Wii U向けVC『スターフォックス コマンド』『シュビビンマン3』『レッキングクルー'98』9月28日配信

アクセスランキングをもっと見る

page top