人生にゲームをプラスするメディア

米国セガ、レイオフを実施 - 効果的な開発を行うための再構築

ゲームビジネス その他

セガの北米現地法人セガオブアメリカで、レイオフが実施されることが発表されました。

海外メディア「VentureBeat」が伝えるところによると、今回のレイオフの対象となる部門や人数については公開されておらず、「発展し続けるゲーム産業の中で成功するためには、環境に合わせて適応していかなければならない」というセガオブアメリカのスポークスマンのコメントを掲載しています。

セガオブアメリカは、今回のレイオフによる再構築で、パッケージソフトのキーブランドに注力し続けると共にデジタルプラットフォームにおける新旧コンテンツの効果的な開発を目指していくとのことです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  3. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

    VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  6. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  7. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  8. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  9. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

  10. 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

アクセスランキングをもっと見る