人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】噂のAndroidで動作する『艦これ』を試してみた

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

【東京ゲームショウ2013】噂のAndroidで動作する『艦これ』を試してみた
  • 【東京ゲームショウ2013】噂のAndroidで動作する『艦これ』を試してみた
  • 【東京ゲームショウ2013】噂のAndroidで動作する『艦これ』を試してみた
  • 【東京ゲームショウ2013】噂のAndroidで動作する『艦これ』を試してみた
  • 【東京ゲームショウ2013】噂のAndroidで動作する『艦これ』を試してみた
  • 【東京ゲームショウ2013】噂のAndroidで動作する『艦これ』を試してみた
日本AMD株式会社のブースにて、既にネット上で話題沸騰の”Android端末上で動作する艦これ”を試してみました。

本当に艦これが動いています。動作スピードもPC版とほとんど変わらず、写真ではお伝えできませんがサウンドもちゃんと再生されています。

現在「艦隊これくしょん -艦これ-」はPC版DMM.comにて配信されており、現時点で正式にはスマートフォンやタブレットには対応していません。なので外出先でも艦これをプレイしたい!という”廃提督”の皆さんは快適なプレイ環境を確保するのに苦労しているのが現状ではないでしょうか。

この”Android端末上で動作する艦これ”は、AMDが提供するグラフィックスカード「Radeon Sky」を搭載したサーバーを利用し、サーバー側で実行したゲーム画面をネットワーク経由でタブレットにストリーミング配信するという所謂”クラウドゲーミング”のデモです。端末はディスプレイ兼コントローラーとして使用しているだけなので、それ自体のスペックにはあまり依存しないのが特徴です。もっとも今回は参考展示のみで「艦これ」が正式にクラウドゲーミングにて提供されると決定したわけではありませんが、こうしてモバイル端末でもプレイ可能であることを実際に見てしまうと、どうしても今後の展開に期待せざるを得ません。

なお、ブース内でアンケートに回答してAMD特製マントを羽織ると先着で「島風」の限定クリアファイルが貰えます。ただしこちらはビジネスデーでも大人気で午前中には全て無くなっていました。一般公開日にはビジネスデー以上の数量が用意されるとのことですが、確実にGETしたい提督の皆さんは早めにAMDブースで”クラウドゲーミング艦これ”を体験しましょう。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

特集

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

    SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

  2. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

    『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  3. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

    話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  4. 【特集】『Wallpaper Engine』の使い方―Steamで人気の“動く壁紙”作成ソフト

  5. 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

  6. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

  7. 『ルーセントハート』2017年4月26日にサービス終了…8年を超えて歩み続けたMMORPG

  8. 伊藤潤二×クトゥルフ!?ポーランド産ホラー『恐怖の世界』αプロトタイプが配信

  9. まるでアーマード・コア!? スピード感溢れるロボットACTの体験版が配信中

  10. 「艦これ」が百貨店の三越とコラボ!提督に向けて限定アイテムをラインナップ

アクセスランキングをもっと見る