人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】アークシステムワークス出展一覧 ─ 『ダマスカスギヤ』と『マジカルビート』がVitaに登場、未発表のタイトルも…

任天堂 3DS

「アークシステムワークス」出展タイトル一覧
  • 「アークシステムワークス」出展タイトル一覧
  • 25周年記念ロゴ
アークシステムワークスは、幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2013」への出展を明かし、その出展内容を公開しました。

数多くのタイトルを意欲的にリリースするアークシステムワークスは、同社が手がける様々な新作を「東京ゲームショウ2013」にて試遊形式で展示すると共に、ステージイベントを企画していることも、このたび明らかにしました。

多岐にわたるジャンルを誇る同社は、数多い熱心なファンのみならず、その動向をユーザーや業界が注目しており、このたび出展が決定した多彩なタイトルの試遊は、「東京ゲームショウ2013」での見逃せないポイントの一つと言えるでしょう。

■出展タイトル/出展形式

・『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』(PlayStation3)
ジャンル:2D対戦格闘+ヴィジュアルノベル
発売/配信日:2013年10月24日発売予定
出展形式:試遊

・『月英学園 -kou-』(PlayStation Vita)
ジャンル:学園伝奇アドベンチャー
発売/配信日:2013年10月10日発売予定
出展形式:試遊

・『魔都紅色幽撃隊』(PlayStation3/PlayStation Vita)
ジャンル:學園ジュヴナイル伝奇アドベンチャー+RPG
発売/配信日:2014年発売予定
出展形式:試遊

・『星霜のアマゾネス』(ニンテンドー3DS)
ジャンル:心眼を養うダンジョンRPG
発売/配信日:2013年11月14日発売予定
出展形式:試遊

・『ソードアンドダークネス』(ニンテンドー3DS/ダウンロード専売)
ジャンル:2DアクションRPG
発売/配信日:2013年冬発売予定
出展形式:試遊

・『ダマスカスギヤ ~東京始戦~』(PlayStation Vita/ダウンロード専売)
ジャンル:スラッシュ型RPG
発売/配信日:2013年冬発売予定
出展形式:試遊

・『ファンタジーヒーロー ~アンサインドレガシー~』(PlayStation Vita/ダウンロード専売)
ジャンル:スラッシュ型RPG
発売/配信日:2013年冬発売予定
出展形式:試遊

・『マジカルビート』(PlayStation Vita/ダウンロード専売)
ジャンル:パズル・アクション
発売/配信日:2013年冬発売予定
出展形式:試遊

・『とってもE麻雀ぷらす』(プラットフォーム未定)
ジャンル:パズル・アクション
発売/配信日:2013年冬発売予定
出展形式:未定

■その他
『GUILTY GEARシリーズ』のゼネラルディレクター石渡太輔氏、『BLAZBLUE』シリーズのプロデューサー森利道氏によるステージイベントを実施。スケジュールについては、近日中に公開予定の「アークシステムワークスTGS特設ページ」に掲載予定。


まさに多彩という言い回しに相応しい、アークシステムワークスのラインナップ。人気シリーズのみならず新規発表も多いため、初耳のタイトルもあることと思います。簡単ではありますが、現時点で明かされている情報を、各タイトルごとにピックアップして紹介させていただきます。

『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』は、同社の看板シリーズのひとつ『BLAZBLUE』シリーズの最新作。これまでのシリーズから一部システムを変更し、一発逆転の展開や更なるスピーディーで奥深い戦闘が楽しめるため、今回の試遊で体験しててはいかがでしょう。

『月英学園 -kou-』は、声優の杉田智和さんらが原案・原作を務めたという異色作ながらも、その原作となる小説は好評を博しており、既に根強いファンを生んでいます。PS Vitaで紡がれる新たな世界を待ち望む声も大きく、見逃せない一作です。

『魔都紅色幽撃隊』は、『東京魔人學園伝奇』シリーズや『九龍妖魔學園紀』の監督を務めた、今井秋芳氏の最新作。本作は、『九龍妖魔學園紀』の開発が終わった直後に監督が企画をまとめ、長きに渡る熟成を経て、いよいよお披露目となります。『東京魔人學園剣風帖』の舞台が1998年の東京、「九龍」は2004年の東京、そして本作『幽撃隊』の舞台は、その後の東京になるとのことです。年代は違えど、本作でも高校生たちの成長を描くジュヴナイルとなっているので、過去作のファンには特に嬉しい出展となりそうです。

既に初報が伝わっている『星霜のアマゾネス』ですが、まだ情報が出たばかりの本作を試遊できるのは嬉しいばかり。「美少女×囚人×脱出=!?」という過激なコンセプトを掲げる本作が、どのような刺激をユーザーに与えてくれるのか。試遊で直接体験し、魅力を垣間見るのも一興かと。

『ソードアンドダークネス』と『ファンタジーヒーロー ~アンサインドレガシー~』は、まだそのタイトルやジャンルが発表されたばかりで、詳しい内容などは判明していません。ですが、「東京ゲームショウ2013」での試遊が予定されているので、体験することでこの2タイトルを誰よりも先に知ることができるとも言えます。

iOS版で高い評価を受けているロボカスタマイズシミュレーションゲーム『ダマスカスギヤ』。このたび「東京ゲームショウ2013」への出展が決まった『ダマスカスギヤ ~東京始戦~』との関連性はまだ明確になっていませんが、移植やリメイクの可能性が考えられます。新たに付け加えられた副題がどのような意味を持つのか、それも試遊で判明するのかもしれません。

また、アーケード版が既にリリースされている『マジカルビート』が、PS Vitaのダウンロード専売タイトルとして、この冬に発売されます。こちらもアーケード版の移植になるのか、その詳細はまだ不明です。同じくアーケード版があり、更にPS Vita版も配信されている『とってもE麻雀ぷらす』も、PS4でのリリースが発表されていますが、「東京ゲームショウ2013」の出展に関しては、その形式もまだ明らかとなっていません。これらのタイトルの内容も、当日その目でしっかり確認したいものですね。

タイトルだけでも充実しているアークシステムワークスTの出展予定ですが、更なるステージイベントの詳細なども今後明かされる予定となっています。また、「三和電子×アークシステムワークス」ブースでは、同社関連タイトル商品の物販を予定しているので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

(C)APLUS Co.,Ltd
(C)ARC SYSTEM WORKS
(C)杉田智和 / ARC SYSTEM WORKS
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【ゲームの中では傍若無人】36回:3DS『スライムの野望』現実世界でも乗っ取りができたらいいのに…

    【ゲームの中では傍若無人】36回:3DS『スライムの野望』現実世界でも乗っ取りができたらいいのに…

  2. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  3. Wii U向けVC『川のぬし釣り5』『キングスナイト』7月6日配信

    Wii U向けVC『川のぬし釣り5』『キングスナイト』7月6日配信

  4. 『逆転裁判6』DLCに「矢張政志」登場決定!ビジュアルは刷新、テーマは結婚式とタイムトラベル

  5. 『ゼルダ無双』にマリン参戦!6月30日配信の「夢をみる島パック」で実装、新マップも登場

  6. 『ポケモン サン・ムーン』次回の新情報解禁は7月1日22時ごろ

  7. 『ショベルナイト』全世界売り上げが120万本達成!パッケージ版はWii U向けが一番人気

  8. 『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』主人公たちを阻む強大なボス2名を紹介、物語を誘う謎めく少女も

  9. 『牧場物語 3つの里の大切な友だち』新たな結婚候補は褐色キャラ!仲良くなる過程を紹介

  10. 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』N64版と3DS版を比較したスクリーンショットをチェック

アクセスランキングをもっと見る

page top