人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール9月4日配信タイトル ― 『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』『ツインビー』の2本

任天堂 Wii U

がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
  • がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
  • ゴエモンとエビス丸がさらわれたゆき姫を救出するために大奮闘
  • ツインビー
  • かわいい世界観だけど歯ごたえは本物。協力プレイも特徴
任天堂は、9月4日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

9月4日より配信されるタイトルは、スーパーファミコンソフト『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』とファミコンソフト『ツインビー』の2作品です。

『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』は、KONAMIより1991年にスーパーファミコンソフトとして発売された横スクロールタイプのアクションゲームです。2人協力プレイも可能で、1Pは「ゴエモン」、2Pは「エビス丸」を操作。町のお店で売っているさまざまアイテムを買うことでステージを有利に進めることができるほか、「まねき猫」を取ればアクションもパワーアップ。突如いなくなってしまった大江戸城の「ゆき姫」を探すため、謎のお面軍団を相手に日本全国をまたにかけた冒険が繰り広げられます。

『ツインビー』は、KONAMIより1986年にファミコンソフトとして発売された縦スクロールタイプのシューティングゲームです。1P「ツインビー」と2P「ウインビー」による2人協力プレイできることが特徴で、2機による合体攻撃も可能です。雲を撃つと出現するベルに攻撃を当てると、ベルはさまざまな色に変化。色に応じたベルを取ることで「ツイン砲」「バリア」「分身」など自機がパワーアップします。空中攻撃と地上攻撃を使い分けて敵を倒し、「スパイス大王」に占領された「ドンブリ島」の平和を取り戻しましょう。


■スーパーファミコン
がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 800円(税込)

■ファミコン
ツインビー 500円(税込)

(C)Konami Digital Entertainment
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  8. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  9. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

page top