人生にゲームをプラスするメディア

岩田社長挨拶全文公開『モンスターハンター4』完成発表会、任天堂×カプコンの象徴的コラボその詳細は「直接!」

任天堂 3DS

岩田社長挨拶全文公開『モンスターハンター4』完成発表会、任天堂×カプコンの象徴的コラボその詳細は「直接!」
  • 岩田社長挨拶全文公開『モンスターハンター4』完成発表会、任天堂×カプコンの象徴的コラボその詳細は「直接!」
  • カプコン代表取締役社長/辻本春弘氏
  • モンスターハンター4 プロデューサー/辻本良三氏
  • 任天堂取締役社長/岩田聡氏
カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター4』完成発表会を開催しました。

発表会冒頭では、カプコン代表取締役社長 CEOの辻本春弘氏、『モンスターハンター4』プロデューサーの辻本良三氏、任天堂取締役社長の岩田聡氏が登壇し挨拶を行いました。

挨拶だけにはとどまらず、岩田社長からは任天堂とカプコンのタッグの象徴となるコラボレーションを、9月14日のソフト発売前に「直接!」お伝えするという発表がありました。本記事では注目の岩田社長挨拶をあますことなく全文記述していきます。

岩田社長挨拶
「本日はご来賓いただきありがとうございます、任天堂の岩田でございます。2年前の9月13日、ニンテンドー3DSカンファレンスにて登壇していただいたプロデューサーの辻本良三さんから電撃的に発表された『モンスターハンター4』ですが、今日こうして素晴らしい品質のソフトに仕上がり、ついに完成発表の場を迎えることができたことを大変感慨深く受け止めております。

ニンテンドー3DSのハードの普及台数も、2年前のカンファレンスの時点では約180万台でしたが、当日現在1200万台を越え『モンスターハンター4』を大変多くのかたに楽しんでいただくための環境が整えられたのではと思います。最近は、ゲーム専用機というものがあまりビジネスがうまくいっていないのではないかというように報じられることも増えてまいりましたが、少なくとも日本市場のニンテンドー3DSに関してそう語ることは事実と異なるのではないかというふうに思います。ニンテンドー3DSのハードは日本で昨年1年間に販売台数550万台を越えました。これは週平均にすれば、10万台ずつ毎週売れてやっとようやく到達できるペースです。日本でほかに500万台以上年間に販売したことのあるゲーム専用機のハードは、過去を振り返ってみましてもほかにニンテンドー3DS以外にはありません。過去に、大きく普及したゲーム専用機の販売ペースをニンテンドー3DSは上回っているわけです。

ニンテンドー3DSはこれから『モンスターハンター4』以降も強力なタイトルが次々と発売され、さらに普及の勢いを加速できると思いますので、今年も国内で年間500万台以上を超える販売が十分狙える射程距離内に入っているふうに思っております。

さて、ニンテンドー3DSはインターネットへの接続を経験されたことのある割合が90%を超えるという、大変これまでのゲーム専用機のなかでも高い割合でインターネットの接続を体験していただいている、そういうハードウェアなんですけども、『モンスターハンター4』は携帯型ゲーム機としてローカル通信プレイに加えて、ファンのみなさん待望のインターネット通信プレイに初めて対応されているというふうにお聞きしておりまして、これはこのソフトのたいへん大きな特徴になっていくと思います。そして、ニンテンドー3DS上の通信機能上の大きな特徴であります「すれちがい通信」。このすれちがい通信を活用しました新しい遊びも用意されたというふうに伺っております。先日より、すれちがい通信をさらに活性化させるために「すれ違い通信中継所」というサービスを開始いたしましたが、このサービスを組み合わせることでより多くのかたにすれ違い通信の面白さをご体験いただけるのではないかと思っています。

また、今回はカプコンさんと任天堂がタッグを組んだことを象徴するようなことが何かできないだろうかという話が両者の間で自然と持ち上がりまして、ソフト内にそれを組み込んでいただくことができました。本件につきましては、発売前に「直接!」ファンのみなさんにお届けできるというふうに思っておりますので、その機会をまたお待ちいただければと思います。

いよいよ『モンスターハンター4』がニンテンドー3DSで発売になります。一緒にゲーム専用機だからこそ可能な濃密な体験を、しっかり多くのかたに体験味わっていただく努力をしたいと思います。完成本当におめでとうございます。本日はありがとうございました。」



発表会では新要素である「発掘装備」の詳細が語られ、マルチプレイのCMに登場するあの4人の芸能人も駆けつけました。その詳細はのちほどお伝えします。

『モンスターハンター4』は2013年9月14日発売予定。価格は通常版が5,990円(税込)、「モンスターハンター4 スペシャルパック」(オリジナルデザイン本体同梱)が各26,000円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top