人生にゲームをプラスするメディア

ウル技で一世を風靡した「ファミマガ」が復刻! ─ 「ニンテンドードリーム」10月号に付録として同梱

任天堂 Wii U

「ファミリーコンピュータマガジン」の復刻版が付録に
  • 「ファミリーコンピュータマガジン」の復刻版が付録に
  • 「ニンテンドードリーム」10月号
アンビットが発行している月刊誌「ニンテンドードリーム」の10月号に、「ファミリーコンピュータマガジン」の復刻版が付録になることが明かされました。

「ニンテンドードリーム」は、ニンテンドー3DSとWii Uの情報専門誌として、広くユーザーに親しまれており、攻略に役立つものからユニークな一品まで様々な付録がつくことでも有名です。

8月21日に発売される10月号では、「ファミリーコンピュータ生誕30周年」を記念して「テレビゲーム史の原点」を独自の視点で掘り下げたり、同じく生誕30周年となるルイージのデビュー作から最新作までを辿り、その活躍と栄光の軌跡に注目するなど、見応えのある内容が予定されています。その10月号の特別付録として、「ファミリーコンピュータマガジン」の復刻版がついてくることが、このたび判明しました。

「ファミリーコンピュータマガジン」とは、1985年7月7日に徳間書店から創刊された、国内最初の任天堂ハード・ソフトの専門誌。通称「ファミマガ」の愛称で親しまれ、一時期は100万部に迫る部数を誇っていた伝説的なゲーム雑誌が今回、付録として蘇ります。初代『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』といった任天堂の人気タイトルの初報がそのまま掲載され、ウル技(テク)などの人気コーナーと併せて収録されています。

表紙まで当時のファミマガを再現したこの特別付録は、AB判の32ページで、元編集長の解説付きでまとめられています。懐かしさを覚える人から、自分が知らない時代を紐解きたい人まで、このたびの特別付録は見逃せない内容と言えるでしょう。

ファミマガは、当時流行っていた「裏技」を掲載するコーナーの中に、嘘の技、つまり「ウソ技(テク)」を掲載するという大胆な仕掛けを行っていました。今の時代から見れば驚きの仕組みですが、当時の大らかな空気が凝縮された雑誌でした。そういった部分なども復元されているのか、実に楽しみですね。

「ファミリーコンピュータマガジン」復刻版が付録としてついてくる「ニンテンドードリーム」10月号は、8月21日より全国書店にて発売。価格は、880円(税込)です。

(C) ambit
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  9. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る