人生にゲームをプラスするメディア

【ジャパンエキスポ2013】トヨタとSTUDIO4゜Cのコラボプロジェクト「PES」(Peace Eco Smile)が3つの新作クリップを初披露

その他 アニメ

田中監督
  • 田中監督
  • Unaさん
  • 窪岡監督
  • 南井氏
  • 写真提供: Getty Images
  • 写真提供: Getty Images
  • 写真提供: Getty Images
  • 写真提供: Getty Images
トヨタ自動車とSTUDIO4゜Cのコラボレーションプロジェクト「PES」(Peace Eco Smile)は5日、3作の新作アニメーション・ミュージック・クリップのワールドプレミアを「第14回ジャパンエキスポ」のメインステージで開催。新作を手掛ける窪岡俊之監督と田中達之監督、楽曲を歌うUna氏によるトークイベントも行われました。

2013年の「PES」は「NEXT GENERATION PES (Peace Eco Smile) CROSS COLLABORATION」を掲げ、更なるコラボレーションに乗り出します。トヨタモーターセールス&マーケティングで本プロジェクトのプロデューサーを務める南井孝夫氏は、「PESは"Toy Toyota"というクルマ本来の楽しさやトキメキを伝えようというプロジェクトから生まれました。今年は更にクロスしたコラボレーションでもっと多くの出会いや気付きのきっかけを生み出していきたいと思っています」と挨拶。3つの新作が紹介されました。

『交信』は「AKIRA」の原画などをを手掛けた田中監督と、アーティストはガールズバンド赤い公園が楽曲を提供するクリップです。キーとなるメッセージは「私達の存在は神秘に満ちている」というもの。田中監督は「いま本編をエネルギーの効率化というテーマで制作していて、今回の『交信』はその番外編としてエネルギーの本質をテーマにしたものです。エネルギーの本質である精神性を星として描き、対になる物質性を歯車として描いています」と話しました。

『LONELY FLOWER』は映画「ベルセルク 黄金時代篇」で高い支持を受けアヌシー国際アニメーション映画祭にもノミネートされた窪岡監督と、アーティストはUnaさんが手掛けた作品。メッセージは「破滅へ向かう、変わり行く世界」というもので、「環境問題と人間の関わり合いを描いた作品。破滅を迎えないために何をすればいいか。問題に対して答えを出そうというわけではありませんが、見た人に何かを残せればという思いで制作しました」(窪岡監督)とのこと。Unaさんは「美しい菖蒲色の花が描かれていて、それと対照的に破滅に向かうというテーマがとても印象的でした」と話していました。

『FORTUNE FUTURE!』は超人気声優の悠木碧と竹達彩奈のユニット「プチミレディ」が歌う明るくポップなクリップ。メッセージとなるのは「新しいエネルギーの提案」。希望に満ちた楽曲となっていました。

最後にプロデューサーの南井氏から「高い完成度で出したいと思っているので時間はかかると思いますが、本編も作っています」との言葉も。フランスでも高い注目を集めていたPES。今後の展開にも期待がかかります。
《土本学》

特集

その他 アクセスランキング

  1. なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

    なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

  2. 【日々気まぐレポ】第191回 ギャラルホルンの象徴「HG ガンダムバエル」を神々しく組み立ててみた

    【日々気まぐレポ】第191回 ギャラルホルンの象徴「HG ガンダムバエル」を神々しく組み立ててみた

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

    『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

  4. 【昨日のまとめ】スイッチのジョイコン認識問題に任天堂が海外声明、スイッチのゲームキューブ風カスタマイズに挑戦、『追放選挙』愛情や復讐が織りなす人間関係とは…など(3/23)

  5. 『乖離性ミリオンアーサー VR』がSteamに2017年春登場!―あのソーシャルゲームがVR売り切りタイトルに

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  8. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  9. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  10. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

アクセスランキングをもっと見る