人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ

マイクロソフト Xbox One

【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
  • 【E3 2013】インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ
新たにタッチパッドが加わり、見た目にもわかりやすくなったデュアルショック4に比べて、パッと見たところ何も変化がないように見えるXbox Oneの新型コントローラ。

しかし、その中身が大きく進化していました。それがフォースフィードバック機能です。E3のマイクロソフトブースで「触ってわかる」デモを行っていたので、紹介しましょう。

最大のポイントは振動素子が2個ではなく4個に増えたこと。「デュアルショック」ならぬ「クアッドショック」というわけです。従来の左右グリップ部に加えて、左右トリガー部分にも内蔵され、人差し指で直接ぶるぶるっと振動が感じられます。マイクロソフトではこれを「インパルストリガー」と呼んでいるそうです。

会場ではこのフォースフィードバック機能が良くわかる5種類のデモを行っていました。
・4つの振動素子を順番に振動させる心臓音と脈拍
・自動車のエンジン始動
・ヘリコプターがホバリングする際の振動
・自動車のタイヤの回転とブレーキの振動
・ガトリング砲の回転と連射

ちなみに振動素子が増えた分、感覚値ですがデュアルショック4よりも若干重ために感じられます。しかし、グリップ部分などがわずかに変更されたこともあって、よりホールド感が増し、高級感も感じられるものになっていました。マイクロソフトといえば、PC向けにフォースフィードバック機能がてんこもりのジョイスティック「サイドワインダー フォース フィードバック 2」を発売していましたが、こうした先行商品の技術蓄積がようやくコンシューマゲーム機にも降りてきたという感じでしょうか。

とかくフォースフィードバックといえば「遊びにくい」「細かい操作の邪魔」などとコアゲーマーからは嫌われがちな機能ですが、やっぱりリアルな振動を感じながら没入感たっぷりにゲームを楽しみたいのが一般ゲーマーというもの(ですよね?)。もうこの際ですから、目をつぶっていても(または視覚が阻害されていても)振動だけで状況がわかる、そんなゲームを期待したいところです。

このほかコントローラの正面には赤外線LEDが搭載され、Kinect 2で読み取ることで、プレーヤーとコントローラの組み合わせが正しく認識される機能を備えています。またマイクもKinect 2で標準搭載され、デフォルトでボイスチャットなどに対応ずみ。新型コントローラのフォースフィードバックと、Kinect 2との合わせ技で新しいデバイス体験を提供しようとするXbox Oneに、改めて注目してきましょう。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 【E3 2016】めざすは「境界線のない未来」・・・Xbox Media Briefingレポート

    【E3 2016】めざすは「境界線のない未来」・・・Xbox Media Briefingレポート

  2. 【E3 2016】『マインクラフト』の新戦略が凄い!アドオン機能が本作の自由度を格段に高める

    【E3 2016】『マインクラフト』の新戦略が凄い!アドオン機能が本作の自由度を格段に高める

  3. プラチナ新作『スケイルバウンド』日本語字幕付きプレイ映像が公開

    プラチナ新作『スケイルバウンド』日本語字幕付きプレイ映像が公開

  4. 日本発売まであと2週間! Xbox One日本語音声コマンドのデモンストレーションをレポート

  5. 【E3 2014】新たなモンスターに圧倒されたデモプレイ『Evolve』インプレッション

  6. 【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

アクセスランキングをもっと見る

page top