最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
山内一典氏が『グランツーリスモ6』のPS4バージョンについてコメント

山内一典氏が『グランツーリスモ6』のPS4バージョンについてコメント

2013年5月20日(月) 13時55分
  • 山内一典氏が『グランツーリスモ6』のPS4バージョンについてコメントの画像
    山内一典氏が『グランツーリスモ6』のPS4バージョンについてコメント

2013年冬の発売に向けて開発中の『グランツーリスモ6』は、プレイステーション3で発売されることが明らかとなりました。

「グランツーリスモ」シリーズはプレイステーション本体の売上げにも影響を与えるビッグタイトルです。2013年の年末には次世代機PlayStation 4が発売予定となっていて、会場に集まった各メディアからは、『グランツーリスモ6』をPS4向けに発売する考えはないのかという質問が寄せられました。

PS3で『GT6』を発売することに関して、ソニー・コンピュータエンタテインメント・ヨーロッパのプレジデント、ジム・ライアン氏は「既に7,000万人がプレイステーション3で遊んでいることがあります。グランツーリスモ5が終ってもう1回PS3で楽しみたいユーザーの期待に応えたいです」。

加えて、「もう一つの要因は、PS1のGT1とGT2、PS2のGT3とGT4の時もそうでしたが、同じプレイステーションなのに進化するポテンシャルがありましたので、GT6でも山内さんは進化させてくれると思います」と語りました。

ライアン氏の指摘通り、『グランツーリスモ6』に関するプレゼンテーションでは、『GT6』が新しいゲームエンジンを採用することが発表されました。

プロデューサーの山内一典氏は「ご存知の通りGT5というのは非常に複雑な大規模なゲームでした。それをこれからの15年に向けて一回きれいにリファクタリングすることがGT6の一つの目的です。それによって、将来の拡張性を確保しようということと、より快適でレスポンスの良い操作体系を作りたいと思います」と、プレゼンテーションで考えを示しました。

イベント後に、山内氏はインタビューに応え“将来の拡張性”の部分に関する質問に回答しました。

山内氏「まず、マルチデバイスに対する拡張性が一つあります。もちろん、プレイステーション3バージョンの後には、プレイステーション4バージョンもあるわけで、そういった意味での拡張性も含まれます」と述べました。

さらに、「(プレイヤーには)まずは、プレイステーション3バージョンで楽しんで頂きたいと思います。毎月アップデートされ、あるいはDLC(ダウンロードコンテンツ)が提供され、プレーヤーの皆さんが楽しみ尽くした頃に、自然にプレイステーション4バージョンが登場するのがいいなと、今は思っています。基本的にグランツーリスモの作り方は“急がば回れ”なので、何かを成し遂げたい時は、遠回りしてもきちんと作っていくというのは、これまでも繰り返してきたことではあります」と語りました。

(Article written by 椿山和雄)

ソニーアクセスランキング


パッケージ画像
機種 PS3
ジャンル SLG/RCG
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア
開発元 ポリフォニー・デジタル
発売日 2013年12月05日
プレイ人数 1〜2人プレイ対応