人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、コンシューマもオンラインも好調な通期業績を発表

ゲームビジネス 市場

マーベラスAQLが発表した平成25年3月期の連結業績は、売上高175億7900万円(+68.6%)、営業利益23億2900万円(+123.0%)、経常利益23億2500万円(+126.9%)、当期純利益19億1900万円(△45.7%)と売上高が伸びたことから好調な数字となりました。

ソーシャルゲーム市場が成長を続け、家庭用ゲーム市場もほぼ横ばいを維持、特にニンテンドー3DSの販売が好調に推移した前期、マーベラスAQLとしてもオンライン事業とコンシューマ事業の双方が大きく拡大。厳しい環境となっている音楽・映像分野も音楽ソフト市場が回復を見せ、映像ソフトについてもブルーレイディスク市場が成長したとのこと。

オンライン事業では人気を継続しているPCブラウザゲーム『ブラウザ三国志』『ブラウザプロ野球』『剣と魔法のログレス』などの主力に加えて、モバイルゲームでも『一騎当千バーストファイト』『閃乱カグラNewWave』が順調な立ち上がりだったとのこと。一方で著名クリエイターを招いたスーパークリエイターズシリーズなど一部タイトルの中止を行ったとのこと。売上高は前々期と36億9200万円から大きく伸び72億6900万円、営業利益は6億6500万円となりました。

コンシューマ事業も、『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』(3DS)、『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』(PSVita)がヒットしたほか、『ルーンファクトリー4』(3DS)、『フェイト/エクストラCCC』(PSP)、『朧村正』(PSVita)も好調だったとのこと。受託開発の『ソウル・サクリファイス』(PSVita)やアミューズメント筐体の「ポケモントレッタ」も好調だったようです。売上高は70億5900万円、営業利益18億1900万円でした。こちらも前々期を大きく上回る業績でした。

今期は売上高185億円、営業利益22億円、経常利益21億3000万円、当期純利益12億9000万円と今期並みの業績を見込みます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

    日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  2. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

    【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  3. HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

    HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

  4. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【特集】ゲームのことは“現役のプロ”に学ぶのが一番?バンタンゲームアカデミーが重視する「実践的」カリキュラムとは

  7. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

  8. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  9. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

  10. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

アクセスランキングをもっと見る