人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、コンシューマもオンラインも好調な通期業績を発表

ゲームビジネス 市場

マーベラスAQLが発表した平成25年3月期の連結業績は、売上高175億7900万円(+68.6%)、営業利益23億2900万円(+123.0%)、経常利益23億2500万円(+126.9%)、当期純利益19億1900万円(△45.7%)と売上高が伸びたことから好調な数字となりました。

ソーシャルゲーム市場が成長を続け、家庭用ゲーム市場もほぼ横ばいを維持、特にニンテンドー3DSの販売が好調に推移した前期、マーベラスAQLとしてもオンライン事業とコンシューマ事業の双方が大きく拡大。厳しい環境となっている音楽・映像分野も音楽ソフト市場が回復を見せ、映像ソフトについてもブルーレイディスク市場が成長したとのこと。

オンライン事業では人気を継続しているPCブラウザゲーム『ブラウザ三国志』『ブラウザプロ野球』『剣と魔法のログレス』などの主力に加えて、モバイルゲームでも『一騎当千バーストファイト』『閃乱カグラNewWave』が順調な立ち上がりだったとのこと。一方で著名クリエイターを招いたスーパークリエイターズシリーズなど一部タイトルの中止を行ったとのこと。売上高は前々期と36億9200万円から大きく伸び72億6900万円、営業利益は6億6500万円となりました。

コンシューマ事業も、『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』(3DS)、『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』(PSVita)がヒットしたほか、『ルーンファクトリー4』(3DS)、『フェイト/エクストラCCC』(PSP)、『朧村正』(PSVita)も好調だったとのこと。受託開発の『ソウル・サクリファイス』(PSVita)やアミューズメント筐体の「ポケモントレッタ」も好調だったようです。売上高は70億5900万円、営業利益18億1900万円でした。こちらも前々期を大きく上回る業績でした。

今期は売上高185億円、営業利益22億円、経常利益21億3000万円、当期純利益12億9000万円と今期並みの業績を見込みます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  4. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. 高橋名人、社長になる!ゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立

  8. 【E3 2015】ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology

  9. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  10. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る