人生にゲームをプラスするメディア

『無双』『DOA』シリーズが業績牽引 ― コーエーテクモ決算、統合以来3期連続で最高益更新

ゲームビジネス その他

コーエーテクモ
  • コーエーテクモ
コーエーテクモホールディングスは5月7日、平成25年3月期(2012年4月1日~2013年3月31日)連結決算の短信を発表しました。

総売上高は34億6390万円と僅かながら昨年より微減したものの、営業利益、経常利益共に昨年を上回り、純利益は昨年に比べ21.9%アップの56億5600万円となりました。営業利益、経常利益、純利益はコーエーとテクモの経営統合以来、3期連続で最高益を更新しているとのことです。また、この予想を上回る業績で1株あたりの期末配当を33円に上方修正しています。

同社主力のゲームソフト事業が特に好調で、『真・三國無双7』(PS3用)、『DEAD OR ALIVE 5』(PS3用、Xbox360用)等のナンバリングタイトルや、コラボレーションタイトル『真・北斗無双』(PS3用、Xbox360、WiiU用)が順調に推移したことが増益の主な牽引役とされています。

また、同社が開発を担当したタイトルでは『ワンピース 海賊無双2』(PS3用、PSVita用)が国内で大いに人気を集め、『ポケモン+ノブナガの野望』(DS用)が海外で大変好評を博したということです。

ソーシャルゲーム事業では主力タイトルである『100万人の信長の野望』、『100万人の三國志』、『100万人のWinning Post』が安定した収益で推移し、積極的に展開したコラボレーションタイトル『AKB48の野望』が市場の注目を集めていることに触れ、一方オンラインゲーム事業では中国でサービスを開始した『大航海時代Online』が好調な出足を見せていると述べています。

今後の見通しとして同社は国内経済の景気回復基調を背景に、ゲームソフト事業では新規IPを創造すると共に新たなハードへの対応やダウンロードビジネスの強化を積極的に推進、さらなる成長を目指すとのこと。2014年3月期の業績は、売上高370億円(前年同期比6.8%増)、営業利益70億円(同12.8%増)、経常利益90億円(同1.9%増)、当期純利益57億円(同0.8%増)を見込んでいます。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

アクセスランキングをもっと見る