人生にゲームをプラスするメディア

『無双』『DOA』シリーズが業績牽引 ― コーエーテクモ決算、統合以来3期連続で最高益更新

ゲームビジネス その他

コーエーテクモ
  • コーエーテクモ
コーエーテクモホールディングスは5月7日、平成25年3月期(2012年4月1日~2013年3月31日)連結決算の短信を発表しました。

総売上高は34億6390万円と僅かながら昨年より微減したものの、営業利益、経常利益共に昨年を上回り、純利益は昨年に比べ21.9%アップの56億5600万円となりました。営業利益、経常利益、純利益はコーエーとテクモの経営統合以来、3期連続で最高益を更新しているとのことです。また、この予想を上回る業績で1株あたりの期末配当を33円に上方修正しています。

同社主力のゲームソフト事業が特に好調で、『真・三國無双7』(PS3用)、『DEAD OR ALIVE 5』(PS3用、Xbox360用)等のナンバリングタイトルや、コラボレーションタイトル『真・北斗無双』(PS3用、Xbox360、WiiU用)が順調に推移したことが増益の主な牽引役とされています。

また、同社が開発を担当したタイトルでは『ワンピース 海賊無双2』(PS3用、PSVita用)が国内で大いに人気を集め、『ポケモン+ノブナガの野望』(DS用)が海外で大変好評を博したということです。

ソーシャルゲーム事業では主力タイトルである『100万人の信長の野望』、『100万人の三國志』、『100万人のWinning Post』が安定した収益で推移し、積極的に展開したコラボレーションタイトル『AKB48の野望』が市場の注目を集めていることに触れ、一方オンラインゲーム事業では中国でサービスを開始した『大航海時代Online』が好調な出足を見せていると述べています。

今後の見通しとして同社は国内経済の景気回復基調を背景に、ゲームソフト事業では新規IPを創造すると共に新たなハードへの対応やダウンロードビジネスの強化を積極的に推進、さらなる成長を目指すとのこと。2014年3月期の業績は、売上高370億円(前年同期比6.8%増)、営業利益70億円(同12.8%増)、経常利益90億円(同1.9%増)、当期純利益57億円(同0.8%増)を見込んでいます。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

    「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

  2. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

    【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  3. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

    Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  4. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  5. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  6. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  7. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  8. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  9. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

  10. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

アクセスランキングをもっと見る