人生にゲームをプラスするメディア

米ゲーム業界団体、海賊版撲滅に向けた政府の取り組みを評価

ゲームビジネス その他

ESAのCEO兼代表のMichael D. Gallagher氏
  • ESAのCEO兼代表のMichael D. Gallagher氏
米国のゲーム業界団体・エンターテインメントソフトウェア協会(ESA)は、米国通商代表部(USTR)の海賊版ソフト取締りへの努力と、取締りの監視体制を40ヵ国以上に拡大させた功績を讃えました。

エンターテインメントソフトウェア協会は目下、海賊版ソフト及びハードの撲滅に専心しており、同協会のCEO兼代表のMichael D. Gallagher氏は「国家が知的所有権を保護しないかぎり、クリエイターと消費者は損失を被り続けます」と語り、政府の取り組みを賞賛しています。

Gallagher氏の発言は、先にリリースされた米国通商代表部の年次レポート“Special 301”についての言及の一部で、同レポートには海賊版ソフトに取り締まりにあたり特に重点的に監視すべき国々のウオッチリストが掲載されています。

監視の目を最も光らせるべき国家としてはウクライナが挙げられ、次いで優先ウォッチリスト国家としてはアルジェリア、アルゼンチン、チリ、中国、インド、インドネシア、パキスタン、ロシア、タイ、ベネゼエラという国々が列挙され、さらにこれに続くウォッチリスト国家に30ヵ国が指定されています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

    IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 【DIEC2005】 上村雅之氏が任天堂の源流を語った[6]

  6. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  7. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. ポケモンUSAの社長が交代

  10. 木村雅人プロデューサーに聞く、『El Shaddai』で実現するゲームデザイン新境地・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第10回

アクセスランキングをもっと見る

page top