人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、円安効果で最終黒字を確保・・・今期は公約通り「営業利益1000億円」目指す

ゲームビジネス その他

任天堂が24日、発表した平成25年3月期の連結業績は、売上高6354億2200万円(△1.9%)、営業損失364億1000万円(-)、経常利益104億8200万円、純利益70億9900万円でした。

前期はニンテンドー3DS向け『Newスーパーマリオブラザーズ2』が642万本を販売したほか、国内のみで発売された『とびだせ どうぶつの森』が300万本を突破。ハードは1395万台、ソフトは4961万本を販売しました。年末に発売となったWii Uは『NewスーパーマリオブラザーズU』が215万本、『Nintendo Land』が260万本と健闘したものの、年明け以降は失速し、ハードが345万台、ソフトが1342万本に留まりました。Wiiはハードが398万台、ソフトが5061万本でした。

売上高は前期から微減の6354億円、Wii Uの採算が厳しいことから364億円の営業赤字を計上。ただし、年末から為替相場が円安に振れていることから395億円の為替差益が発生。経常利益は104億円、純利益は70億円となりました。ただし、いずれも前回予想を下回りました。

今期は国内でヒットした『とびだせ どうぶつの森』を世界各国で発売するほか、シリーズ最新作『ポケットモンスター X・Y』を全世界で発売。パッケージソフトのダウンロード版の販売についても特に海外で積極的に推進していくとのこと。Wii Uについても、有力タイトルを今年後半から来年にかけて集中的・積極的に展開する計画。

今期業績は公約の通り、売上高9200億円、営業利益1000億円、経常利益900億円、純利益550億円を目指します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  2. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  3. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  4. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  7. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  8. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  9. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  10. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

アクセスランキングをもっと見る

page top