人生にゲームをプラスするメディア

『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

ゲームビジネス その他

『パズル&ドラゴンズ』タイトル画面
  • 『パズル&ドラゴンズ』タイトル画面
  • 『ケリ姫スイーツ』メインビジュアル
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)が公表した「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」に賛同し、新たにガイドラインを制定したと発表しました。

JOGAが策定した「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」に基づき制定されたガンホーの新しいガイドラインは、iOSやAndroid向けにアイテム課金方式で提供されるゲームアプリを、特定のソーシャルゲームプラットフォーム以外でサービスを提供するにあたり、利用者が安心して楽しめる健全な環境を構築するために策定されました。

従来から取り組んできた各種施策に加えて、ゲームアプリ内での啓蒙活動の強化に積極的に取り組むほか、具体的な対策として、6月以降順次「未成年者に対する1か月あたりの利用上限額」を設定します。

■未成年者に対する1か月あたりの利用上限額
【設定年齢と利用上限額】
16歳未満:5,000円まで
20歳未満:20,000円まで

【利用上限額設定の導入を予定しているタイトル】
・パズル&ドラゴンズ
・ケリ姫スイーツ
・戦国テンカトリガー など

今後、アイテム課金を採用する新作スマートフォンゲームには原則導入していくとのことです。

また、スマートフォン向けゲームアプリにおいて、ユーザーからの問い合わせをいち早く解決するために、メールによるサポートに加え「スマートフォンゲームアプリケーション専用のコールセンター」が4月1日より開設されています。

■スマートフォンゲームアプリケーション専用コールセンターについて
受付時間:10:00~18:00(年中無休)
電話番号:
0570-022-270(ナビダイヤル)
03-6219-8392(光電話・PHS 用ダイヤル)

昨今、増加し続けるアプリ等における課金において発生する諸問題について、対策とガイドラインを発表した『パズル&ドラゴンズ』のガンホー・オンライン・エンターテイメント。今後、より健全で安心なゲーム運営が期待されます。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  6. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  7. 『ロスプラ3』『ニンジャガZ』を手掛けたSpark Unlimitedがゲーム開発事業から撤退

  8. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  9. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  10. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top