人生にゲームをプラスするメディア

水樹奈々、夏の全国ツアー全日程発表 ― 西武ドームや大阪城ホールも

その他 全般

水樹奈々
  • 水樹奈々
3月3日、東京・両国国技館で、人気アーティスト・声優の水樹奈々さんを座長としたライブ「両国国技館座長公演 水樹奈々 大いに唄う 参」が開催された。
このイベントはライブパートと座長公演パートのふたつから構成する。ライブでは水樹奈々さんの音楽をたっぷりと聞かせ、座長公演では豪華ゲストと伴に役者としての才能を発揮する。昼の部と夜の部の2回、国技館という少し変わった配置の会場でファンを満喫させた。

そして、この場で2013年夏に向けた大きな発表が行われた。夏のビッグイベントになる水樹奈々さんの 夏の全国ツアー「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」全日程の公開である。
発表された会場は、全国8会場11公演に及ぶ。7月7日の愛媛県武道館(愛媛)をスタートに、8月17日、18日の日本ガイシホール(愛知)までで全国を周る。
水樹奈々さんの高い人気を反映して首都圏では西武ドーム(埼玉)、関西では大阪城ホールが会場に選ばれた。これらも含めてかなりの盛り上がりになりそうだ。

春から夏に向けては、これ以外にも大きなトピックスがある。先日、全国のファンを驚かせたのは、4月からのアニメ新番組『革命機ヴァルヴレイヴ』のオープニングテーマ「Preserved Roses」をT.M.Revolutionとコラボレーションして担当することだ。大物アーティスト二人のコラボが大きな注目を集める。
また5月1日にはLIVE Blu-ray、DVD「NANA MIZUKI LIVE GRACE –OPUSII-×UNION」が発売される。こちらは昨夏のツアーファイナル公演と年明けのフルオーケストラライブをパッケージ化したものだ。「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」を体験する前に、2012年の感動をおさらいするのもいいかもしれない。

水樹奈々OFFICIAL WEBSITE 
http://www.mizukinana.jp/

「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」
2013年
7月7日(日)  愛媛県武道館 (愛媛)
7月14日(日)・15日(月・祝)  大阪城ホール (大阪)
7月20日(土)  北上市文化交流センターさくらホール (岩手)
7月21日(日)  須賀川市文化センター (福島)
8月3日(土)、4日(日)  西武ドーム (埼玉)
8月10日(土) 宮崎市民文化ホール (宮崎)
8月11日(日)  鹿児島市民文化ホール第1ホール (鹿児島)
8月17日(土)、18日(日)  日本ガイシホール (愛知)

水樹奈々 夏の全国ツアー全日程発表 西武ドームや大阪城ホールも

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  2. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  3. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

    『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  4. 「ポプテピピック」がまさかの「ねんどろいど」化!“例のビル”破壊シーンや“エイサイハラマスコイおどり”を再現可能

  5. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  6. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  7. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  10. 【特集】イラストをVRや3D空間で全方位に動かせる 「Live2D Euclid」に迫る ― 2D顔+3D体という”作画”して生み出す、新次元の3D表現

アクセスランキングをもっと見る