人生にゲームをプラスするメディア

約6割が家庭用ゲーム機よりスマホゲームで遊んでいる — CyberZ調べ

ゲームビジネス その他

家庭用ゲーム機とスマートフォンゲーム利用状況
  • 家庭用ゲーム機とスマートフォンゲーム利用状況
  • 新しいソーシャルゲームを始めるきっかけ
  • 1週間における新しいアプリのインストール数
  • 新しいゲームを選択する際に重視するポイント
CyberZが、全国の普段ソーシャルゲームユーザー15~69歳の男女1018名を対象に行った「ソーシャルゲームの利用実態調査(第三弾)」の調査結果を発表した。

同社によれば、この調査では以下の4つの傾向が確認できたという。

1.家庭用ゲーム機よりスマートフォンゲームでよく遊ぶユーザーが約6割
2.新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「今、遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」
3.1週間における無料アプリダウンロード数は、平均2本
4.新しいゲームを選択する際に重視するポイントは「手軽に遊べること」

まず家庭用ゲーム機とスマートフォンゲームの利用状況についての質問では、普段ソーシャルゲームで遊ぶユーザーのうち「主にスマートフォンでゲームをしており、家庭用ゲーム機ではほとんどゲームをしない」と答えたのが35.5%と最も多く、スマートフォン派が半数以上を占めた。

た新しいソーシャルゲームを始めるきっかけについての質問では「今遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」が29.1%と最も多く、次いで「今、遊んでいるソーシャルゲームとのコラボレーション企画があったので」が25.1%という結果になり、普段遊んでいるゲーム内で接触する広告や情報がきっかけになっていることが分かった。

1週間における無料アプリのダウンロード数については、男女平均で約2本という結果になり、OS別にではiPhoneユーザーが平均2.3本に対し、Androidユーザーは平均1.4本と、iPhoneユーザーの方が平均ダウンロード数が多い傾向にあった。

新しいゲームを選択する際に重視するポイントについては、「手軽に遊べること」が56.1%と半数以上を占め、次いで「ゲームジャンル」が36.3%となった。OSと性別では、両OS共に女性は「手軽に遊べること」「絵柄が可愛いこと」が男性より高く、男性は「ゲームジャンル」「ゲームのシステムが優れていること」が重視される傾向にあった。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  4. マクロス河森正治監督の直筆サイン入りフライトジャケット、e-CAPCOMに登場!

  5. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  6. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  7. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

  8. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

アクセスランキングをもっと見る