人生にゲームをプラスするメディア

ガンホー、1月の売上は約85億円・・・『パズドラ』だけで月商70億円近くに?

ゲームビジネス 市場

平成24年度の通期業績を発表し、『パズル&ドラゴンズ』の大ヒットにより大幅な増収増益となったことを明らかにしたガンホー・オンライン・エンターテインメント。同社は追加の開示で、平成25年1月の単体売上が85億円(前年同月比+1022.4%)となったことを伝えています。

比較されている平成24年1月はちょうど『パズル&ドラゴンズ』が発売される直前で、同社の売上の大半はPCオンライン事業で占められていたと考えられます。1年後にはその10倍の売上を記録しているとは驚きです。PCオンライン事業の売上が昨年から横ばいであると考えるとモバイルゲーム事業の1月の売上は約77億円。その大半は『パズル&ドラゴンズ』が稼ぎ出していると考えられます。

ちなみに第3四半期と第4四半期の公表値から計算した10-12月の3ヶ月間の売上高はPCオンライン事業が約20億円、モバイルゲーム事業が約120億円でした。

同社の平成25年度の通期業績(連結)で売上高は258億2100万円。1月の数字が続けば単純に計算すると3ヶ月で達成してしまう数字です。開示では「将来数値はさまざまな不確定要素が内在しており、上記の業績が継続することを保証するものではありません」と注記されているものの、この好調が続けば今年度の売上高は更に大きく拡大することが期待されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  2. 【GDC 2015】アプリ活性化プラットフォーム「AppSteroid」 日本人が率いるベンチャーFresviiが提供

    【GDC 2015】アプリ活性化プラットフォーム「AppSteroid」 日本人が率いるベンチャーFresviiが提供

  3. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

    松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  4. 【TGS2007】コンパニオンフォト:スクエニ・カプコン・バンダイナムコ・マーベラス編

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 【CEDEC 2009】「フローなんていらない!」組織におけるモチベーションのあり方~HAL研究所の事例

  7. フロム・ソフトウェア、役員人事を発表 ― 会長に角川ゲームスの安田善巳、社長に『DARK SOULS』の宮崎英高

  8. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  9. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  10. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

アクセスランキングをもっと見る