人生にゲームをプラスするメディア

コナミ3Qは大幅な減益で業績予想も下方修正・・・コンシューマの売上苦戦、ソーシャルも前年割れに

ゲームビジネス 市場

 
  •  
コナミは2月7日、2013年3月期第3四半期決算を発表しました。売上高は1601億5100万円(前年同期比17.7%減)、最終利益も88億2100万円(同48.3%減)と大幅な減益となりました。また、家庭用ゲームの売上減少が大きく、ソーシャルゲームの売上高がコンシューマを上回っています。

発表によると、売上高は1601億5100万円、営業益は149億2000万円(前年同期比51.7%減)、税引前四半期純利益146億7200万円(同51.1%減)、最終利益は88億2100万円となりました。ゲームの開発や、カードゲームを扱う「デジタルエンタテインメント事業」を中心にいずれの事業も減収減益を記録しています。

デジタルエンタテインメント事業を詳しく見ると、コンシューマゲームの売上高は235億円(前年同期比33.6%減)、ソーシャルゲームは244億円(同7.9%減)となっており、いずれも前年同期を下回る結果に。なお、アミューズメント機器や遊戯王カードのカードゲームも好調に推移したとされるものの、売上は前年同期よりも微減となっています。営業利益は806億円(前年同期比35.8%減)と減益となりました。

今後は、ソーシャルコンテンツにおいては、同社の最有力タイトルである『ドラゴンコレクション』に続くヒットコンテンツを生み出していくと掲げています。また、NTTドコモの「dゲーム」や海外の新たなプラットフォーマーへの展開も積極的に図るということです。

コンシューマゲームは『メタルギア』シリーズの最新作である『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の発売、そして厳選されたトリプルAタイトルをグローバルで展開していくとしています。特にグローバル展開に注力するようで、海外のニーズを取り込むべく、現地でのゲーム制作体制の強化も同時に進展させていくということです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

    80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  3. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

    日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  8. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  9. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  10. 剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top