人生にゲームをプラスするメディア

コナミ3Qは大幅な減益で業績予想も下方修正・・・コンシューマの売上苦戦、ソーシャルも前年割れに

ゲームビジネス 市場

 
  •  
コナミは2月7日、2013年3月期第3四半期決算を発表しました。売上高は1601億5100万円(前年同期比17.7%減)、最終利益も88億2100万円(同48.3%減)と大幅な減益となりました。また、家庭用ゲームの売上減少が大きく、ソーシャルゲームの売上高がコンシューマを上回っています。

発表によると、売上高は1601億5100万円、営業益は149億2000万円(前年同期比51.7%減)、税引前四半期純利益146億7200万円(同51.1%減)、最終利益は88億2100万円となりました。ゲームの開発や、カードゲームを扱う「デジタルエンタテインメント事業」を中心にいずれの事業も減収減益を記録しています。

デジタルエンタテインメント事業を詳しく見ると、コンシューマゲームの売上高は235億円(前年同期比33.6%減)、ソーシャルゲームは244億円(同7.9%減)となっており、いずれも前年同期を下回る結果に。なお、アミューズメント機器や遊戯王カードのカードゲームも好調に推移したとされるものの、売上は前年同期よりも微減となっています。営業利益は806億円(前年同期比35.8%減)と減益となりました。

今後は、ソーシャルコンテンツにおいては、同社の最有力タイトルである『ドラゴンコレクション』に続くヒットコンテンツを生み出していくと掲げています。また、NTTドコモの「dゲーム」や海外の新たなプラットフォーマーへの展開も積極的に図るということです。

コンシューマゲームは『メタルギア』シリーズの最新作である『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の発売、そして厳選されたトリプルAタイトルをグローバルで展開していくとしています。特にグローバル展開に注力するようで、海外のニーズを取り込むべく、現地でのゲーム制作体制の強化も同時に進展させていくということです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

    トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

  4. CRI・ミドルウェア、「CRI ADX 2」をインディーズ開発者向けに無償提供

  5. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  6. 62インチで対戦ゲームを!?―「iWear AV920-C」登場

  7. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  8. 【レポート】内田明理、ユークス入社経緯や過去作品について語る…箕星太朗との再タッグの可能性も

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. フォーブスが選んだ「30歳以下の30人」 ゲームはOculus VR創業者が1位

アクセスランキングをもっと見る