人生にゲームをプラスするメディア

【台北国際ゲームショウ 2013】『Killzone: Mercenary』開発者インタビュー・・・Guerrilla GamesがPS Vitaで新作を開発した理由も明らかに

ソニー PSV

左:Lucas van Muiswinkel氏(Guerrilla Cambridge)<br>右:Hermen Hulst氏(Guerrilla Games)
  • 左:Lucas van Muiswinkel氏(Guerrilla Cambridge)<br>右:Hermen Hulst氏(Guerrilla Games)
  • ノリノリの記念撮影
  • マネージングディレクターでGuerrilla Games共同設立者のHermen Hulst氏
  • Guerrilla Cambridgeでプロデューサーを務めるLucas van Muiswinkel氏
2月1日に台湾・台北で開催されたSony Computer Entertainment Taiwan主催のメディアセッションで、PS Vitaソフト『Killzone: Mercenary』の開発者にインタビューを行いました。本作のシステムやストーリー、なぜGuerrilla GamesがPS Vitaを選んだかなど、幅広い質問をしてみました。

詳細は既報の通りですが、Guerrilla GamesのマネージングディレクターHermen Hulst氏、プロデューサーのLucas van Muiswinkel氏(Guerrilla Cambridge)の両名にお話を伺いました。

―――なぜPS Vitaで開発しようと考えたのでしょうか
Vitaは非常にパワフルなコンソールですし、開発を担当したケンブリッジチーム(Guerrilla Cambridge)が、新しいマシンで開発することが非常に好きだからです。

―――両方のサイド(ISAとヘルガスト軍)に雇われるということですが、ストーリーの構成は
最初から最後まで、1つのストーリー、1つの時間軸で進んでいきます。ユーザーの選択ではなく、誰に雇われるかは、予め設定されています。その中で、「金」に執着する様子や、異文化との交流なども描かれています。

―――ゲーム内での「報酬」の意義とは
本作でも最も重要な要素の一つで、武器などを購入する際に必要になります。様々にキャラクターを育成するために欠かせないものです。

―――マルチプレイで登場するカードについて教えて下さい
各プレイヤーにはそれぞれのランクや、プレイスタイル(クラス)によって、異なるカードを持っています。倒されると、マップ上にカードを落としますが、リスポーン後にそのカードを敵から守ることもできます。

また、トランプのようにカードで役をつくるように合わせていくと、報酬やランクが上がり、より大きなボーナスになります。また、強敵のカードを獲得することで、より早く自分のランクを高めることも可能です。

―――「VAN-GUARD」の使用方法を教えて下さい
まず、敵を倒すことで自動でチャージされていきます。また、戦闘で得た報酬をもとに、店でチャージすることも可能です。

武器などを購入する際にもお金が必要ですから、どこにどれだけ配分していくかが、戦略的に重要になってきます。

―――日本のユーザーにメッセージをお願いします
うーん。日本のユーザーにだけですか・・・そうですね。ビデオゲームだけでなく、アーケードゲームの要素なども詰め込んでいるので、必ず日本のユーザーにも楽しんでもらえると思います。ぜひプレイをして、感想を教えてもらえると嬉しいです。

―――ありがとうございました

『Killzone: Mercenary』は2013年9月にグローバルに発売予定。ただし、日本版の発売日は未定です。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

    『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  2. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

    『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  3. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

    『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  4. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  5. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  6. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  7. 「ホラー×VRは怖すぎて遊びたくない」バイオハザードチームが贈るMorpheusデモ『KITCHEN』を体験

  8. 『AKIBA'S BEAT』主要キャラの声優陣が明らかに! 増田俊樹や上坂すみれなどが参加

  9. 【インタビュー】五十嵐孝司の新作『Bloodstained』ついにお披露目!基本的なコンセプトとシステムは出来上がった

  10. 【TGS2015】“刃物を目の前に突きつけられる恐怖”を体験したことはありますか?カプコンのVRホラー『KITCHEN』が本当に怖い

アクセスランキングをもっと見る

page top