人生にゲームをプラスするメディア

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』や人気アニメのソーシャルゲームが好調・・・インデックス2013年第1Q決算は営業益60%増

ゲームビジネス その他

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』パッケージ
  • 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』パッケージ
インデックスは、2013年1月15日に発表した2013年第1四半期決算(2012年9月1日~11月30日)は、売上高28億9000万円(前年同期比29.2%減)、営業利益2億9100万円(同60.5%増)、経常利益2億4900万円(同27.7%減)、四半期純利益は1億8900万円となっています。

売上高の大幅な減少は、2012年12月に連結子会社であった携帯販売会社のシルバーアロー・モバイルの売却によるもの。売却益は2013年第2四半期決算で営業外収益として計上されます。営業益については販管費が2億円弱減少したことも寄与し、前年同期よりも60%もの増益を記録しています。

なおセグメント別ではコンシューマゲームやソーシャルゲームを手掛けるデジタルゲーム事業が好調でした。コンシューマ向けの新規タイトルは発売されなかったものの、ニンテンドー3DSソフト『デビルサマナー ソウルハッカーズ』、PS Vitaソフト『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』、PS3/Xbox360ソフト『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』、ニンテンドー3DSソフト『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』といった人気タイトルの追加注文が予想を、当初の予想を大きく上回る結果となりました。

一方ソーシャルゲームは人気アニメ「織田信奈の野望」『ペルソナ4」といった新規カードバトルゲームが好調に推移しただけでなく、前期から引き続き『GANTZX/XAOS』も好調でした。

この結果、デジタルゲーム事業単体では売上高が15億1900万円、営業利益は4億9100万円となりました。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 【CEDEC 2009】日本と海外の違いとは?~「国際マーケットを視野に入れた開発とは?」

  8. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る