人生にゲームをプラスするメディア

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』や人気アニメのソーシャルゲームが好調・・・インデックス2013年第1Q決算は営業益60%増

ゲームビジネス その他

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』パッケージ
  • 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』パッケージ
インデックスは、2013年1月15日に発表した2013年第1四半期決算(2012年9月1日~11月30日)は、売上高28億9000万円(前年同期比29.2%減)、営業利益2億9100万円(同60.5%増)、経常利益2億4900万円(同27.7%減)、四半期純利益は1億8900万円となっています。

売上高の大幅な減少は、2012年12月に連結子会社であった携帯販売会社のシルバーアロー・モバイルの売却によるもの。売却益は2013年第2四半期決算で営業外収益として計上されます。営業益については販管費が2億円弱減少したことも寄与し、前年同期よりも60%もの増益を記録しています。

なおセグメント別ではコンシューマゲームやソーシャルゲームを手掛けるデジタルゲーム事業が好調でした。コンシューマ向けの新規タイトルは発売されなかったものの、ニンテンドー3DSソフト『デビルサマナー ソウルハッカーズ』、PS Vitaソフト『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』、PS3/Xbox360ソフト『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』、ニンテンドー3DSソフト『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』といった人気タイトルの追加注文が予想を、当初の予想を大きく上回る結果となりました。

一方ソーシャルゲームは人気アニメ「織田信奈の野望」『ペルソナ4」といった新規カードバトルゲームが好調に推移しただけでなく、前期から引き続き『GANTZX/XAOS』も好調でした。

この結果、デジタルゲーム事業単体では売上高が15億1900万円、営業利益は4億9100万円となりました。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】『ガンダムVR ダイバ強襲』は絶叫アトラクションに近い!?君は生き延びる事が出来るか

    【レポート】『ガンダムVR ダイバ強襲』は絶叫アトラクションに近い!?君は生き延びる事が出来るか

  2. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  3. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

    『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  4. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

  5. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  6. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  7. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  8. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  9. DMM GAMES、TGS 2016に出展決定!ファン必見のスペシャルサイトも公開

  10. ゲームクリエイターが自社ゲームの著作権侵害を目撃してショックを受ける

アクセスランキングをもっと見る

page top